林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

環境破壊は都議選争点

f:id:hayariki2:20170111122400j:plain

#都議選 #選挙 #東京都

環境破壊は東京都議会議員選挙の争点の一つです。東急不動産ブランズシティ久が原やFJネクストのガーラ・プレシャス東麻布、ガーラ・グランディ木場などのマンション建設は住環境を破壊します。このままでは観光資産の保護が間に合わずに保護出来ずに観光地ですらなくなってしまいます。

マンション投資は目隠しして銃弾を撃ち落とすようなものです。

全世界から東急不動産に批判を集中する一大国際キャンペーンを成功させよう。

http://www.hayariki.net/futako/1.htm

東急不動産買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口

http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕

http://book.geocities.jp/hedomura/

林田力・東京都議選争点

f:id:hayariki2:20170120211723j:plain

#都議選 #選挙 #東京都

【書名】東京都議選争点/トウキョウトギセンソウテン/Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues

【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。

Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation.

Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."

【出版社】枕石堂/Makuraishido

【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』

『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』

江東区東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

自己紹介

だまし売り対策は東京都議選争点

投資マンション商法は東京都議選争点

ワンルームマンション対策は都議選争点

迷惑勧誘電話対策は都議選争点

悪徳商法対策は都議選争点

空き家対策は東京都議選争点

貧困ビジネス対策は都議選争点

政策問題と公共政策

公共政策の基本構造

薬物問題は東京都議選争点

動物愛護は東京都議選争点

ペット引き取り屋撲滅は東京都議選争点

動物愛護政策の複雑性

動物愛護政策の階層性

動物愛護政策の構成要素

動物愛護政策の類型論

格差の再生産

『FJネクスト不買運動と書評』

『FJネクスト不買運動と選挙』

『FJネクスト不買運動と外環道』

FJネクストの品質管理に疑念

東急不動産らが江東区豊洲で変電所マンション

日本海賊TVで東急不動産らの変電所マンション

ブランズシティ久が原反対

ブランズシティ久が原とアルス鎌倉御成町の欺瞞

日本海賊TVでブランズシティ久が原問題

東急ハンズがグッディに敗北

ブラック企業大賞2016

蓮舫二重国籍」のデタラメ』

『家康、江戸を建てる』

2010年宇宙の旅

『詩人と狂人たち』

『「食べ方」を美しく整える』

『イシュタルの娘』

信長のシェフ 17』

希望のまち東京in東部読書会第25回「緑の資本論マルクスの精霊」

希望のまち東京in東部市民カフェ第126回「都議会議員選挙」

希望のまち東京in東部読書会第26回「柄谷行人の近代世界システム」

上杉征伐

#歴史 #日本史 #戦国時代

徳川家康の上杉征伐ではロジスティックスは各大名に任されたために、その準備で出陣が遅れた大名家も出ました。小早川家や長宗我部家です。徳川家康は見切り発車で出陣しました。その結果、出陣が遅れた大名家は西軍に取り込まれてしまいます。これが家康にとって、ついてこれない大名を葬り去る意図的なものか、想定よりも西軍が大軍になって狼狽したかは歴史の解釈の面白いところです。

上杉征伐はロジスティックスを各大名で行うとしましたが、石田三成が挙兵し、大阪方を掌握すると、それを貫徹できなくなりました。

立正佼成会附属佼成病院裁判

#病院 #裁判 #医療

日本海賊TVで立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審を取り上げた。

日時:2017年3月13日(月)10:30開始

場所:東京高裁424法廷(地下鉄・霞が関駅A1出口1分)

佼成病院裁判は、患者本人の承諾がなく、患者の長男の要請だけで患者を死に追いやったとして、患者の長女が起こした訴訟です。佼成病院の経営主体の立正佼成会と患者の長男夫婦を一緒に訴えました。高齢者の命の尊厳を守る重大な裁判です。

豊富政権と徳川幕府

先の希望のまち東京in東部読書会ではロジスティックスの重要性が指摘されました。その前の読書会では中央集権的な豊臣政権と分権的な徳川幕府の違いが議論されました。この違いはロジスティックスの面からも説明できます。

豊臣秀吉徳川家康も天下人として諸大名に号令して戦を行いました。しかし、その実態には相違がありました。秀吉の場合、兵三百を出せと言われたら、基本的に兵三百だけを出せば良かったものです。ロジスティックスは石田三成ら奉行衆が手配しました。

待機児童

需要と供給の観点から待機児童の問題を説明する視点には説得力があった。保育料が安いことは消費者にとって良いことであるが、公によって安く抑えるならば供給不足という歪みが生じる。認可保育園に入れた人はいいが、そうでない人は不幸である。認可保育園の質の高さは保育園を落とされた人々の犠牲の上に成り立っている面があることは直視しなければならない。待機児童は空き家を活用した小規模保育の推進が解になると考える。

営業代行規制は東京都議選の争点

#都議選 #東京都議選 #東京都議会議員選挙

営業代行の規制は東京都議会議員選挙の争点の一つです。マンション投資の迷惑勧誘電話などの背景の一つに営業代行会社があります。営業代行は存在自体が矛盾を内包しています。もし優秀な営業力があるならば、自社でビジネスを展開すればいいでしょう。

真っ当な営業代行があるとすれば黒子に徹しなければなりません。一方で営業には自己顕示、自己主張が求められる面もあります。それを全否定するつもりはありませんが、黒子に徹するべき営業代行会社が昭和の体育会系的な営業の自己顕示を有していたら、周囲の反感や反発を受けるでしょう。