林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

医療裁判

#病院 #医療 #裁判

極めて不当な判決である。延命措置に対して説明義務違反がある。人工呼吸器をつけるかどうかではなく、点滴を止める、夜間のみ酸素吸入するなどを被告長男の要求で行った。

キーパーソンの役割を説明していないとの主張に答えていない。

想定外だから責任を負わないという点は不当である。コウセイ病院の管理が杜撰であった。

ワンルームマンション投資

f:id:hayariki2:20170729123900j:plain

#FJネクス不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #不動産投資

ワンルームマンション投資は希望的観測で物事を進めて失敗する典型例。今の経営陣が引退するまで繋がれば良いという感じである。五輪まで持つか?

ファッション雑誌でチェックすべきかっこいいアイテムとして商品が載る記事がある。そのような世界のセンスがワンルームマンションはゼロである。

The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Version Kindle

https://www.amazon.es/dp/B06XZ1N4B6/

ガーラ・グランディ木場不買運動を

f:id:hayariki2:20170726232200j:plain

#FJネクス不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #不動産投資

FJネクストは宅地建物取引業者として、あまりにも未熟である。消費者がワンルームマンション投資に手を伸ばすと今いる場所よりも深い場所に堕ちることになる。真実を偽っても何の得にもならない。悪徳不動産営業には墓に丁度良いほどの土地を与えればいい。

凍った夏

#推理小説 #書評 #本が好き

『凍った夏』は現代英国を舞台とした推理小説である。タイトルの『凍った夏』は不思議な表現である。物語の季節は真冬である。凍死者が出る。寒さの厳しさの描写が生々しい。『凍った冬』がしっくりくるほどである。

勿論、『凍った夏』のタイトルは誤植ではなく、意味がある。

マンション投資不買運動を

f:id:hayariki2:20170725000700j:plain

#FJネクス不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #不動産投資

投資用ワンルームマンションは正面から一歩裏へ回ると、貧困が剥き出しになっていた。小便と床磨きの臭いが混じっていて、胃のムカつきを覚えた。ポスト五輪、生産緑地の宅地化、後期高齢者層の持ち家の大量賃貸化が重なり、マンションは大暴落する。

林田力 東急不動産だまし売り裁判

http://blog.livedoor.jp/hayariki2/

東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った

http://hayariki.zero-yen.com/

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題

http://hayariki.x10.mx/

グランド・ガーラ立川不買運動を

f:id:hayariki2:20170723000800j:plain

#FJネクス不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #不動産投資

FJネクストに光をあてればあてるほど、その闇は深くなっていく。迷惑電話営業は鬱々とふさぎこんだまま暗い繭の中に閉じこもり、羽化する当てもまるでない。ワンルームマンションは悪趣味極まりない建物で、まるで巨大な公衆便所のように見えた。

FJネクスト不買運動を

f:id:hayariki2:20170712193900j:plain

#FJネクス不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #不動産投資

ワンルームマンションの見た目は貧民収容施設といった感じがした。FJネクストやウラタがガーラ・グランディ木場建設工事の実態を隣地住民に隠したことが、彼らの罪の意識を表している。悪徳不動産業者は罰されることが救済である。己の罪をあがなう機会が与えられたのだから。