林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ブラックペアン

『ブラックペアン』は海堂尊原作の同名小説のドラマである。嵐の二宮が渡海役で主演する。渡海は面子にこだわる医者に対して「この患者が死んだら、お前死ね」と言い放つ。医者としての矜持を持っている。渡海は同僚医師から嫌われているが、医療ミスを仲間…

崖っぷちホテル

『崖っぷちホテル』は、その名の通り経営状態が崖っぷちのホテルを立て直す物語である。ドラマで描かれる顧客志向は、ホテル業だけでなく、サービス業全般に勉強になる。民間感覚とかけ離れた公務員は勉強しなければならない。 経営建て直しと言えばコストカ…

ゴールデンカムイ

『ゴールデンカムイ』は日露戦争後の北海道を舞台とした漫画である。主人公は日露戦争で不死身の杉本と呼ばれた元兵士である。 日露戦争の旅順要塞攻略で日本軍は無謀な突撃によって死者を増やした。この時の無反省が十五年戦争の大敗につながる。それを踏ま…

帝一の國

『帝一の國』は学園物の少年漫画である。生徒会物はライトノベルの定番となっているが、本作品はいつの時代かと思わせるような古さが漂う。絵柄も好き嫌いが分かれ、読まず嫌いもいるだろうが、読むとギャグに爆笑させられる。 主人公が自分が自由に振る舞え…

仲介手数料

仲介手数料は市場競争が機能していない分野です。仲介手数料は法令で上限が決まっています。それは宅建業者が暴利を貪らないように、これ以上は許さないという趣旨で定められました。ところが、ほとんどの業者が法令の上限としており、価格競争が起きていま…

物件囲い込み

物件囲い込みが起きる原因は仲介手数料の両手取りです。そもそも仲介業者は物件の売り手又は買い手のエージェントです。一つの仲介業者が売り手と買い手の双方のエージェントになること自体がおかしなことです。海外では禁止している国もあります。日本でも…

銭湯

町田忍『銭湯』は銭湯についての書籍である。著者は「大衆・庶民の日常生活のなかで長年培われてきたものほど、後世には残らないことが多いようだ」との問題意識を持っている(1頁)。この問題意識には共感する。伝統文化の保護と言うとどうしても高級なもの…

から紅の恋歌

『名探偵コナンから紅の恋歌』は映画作品である。百人一首がキーワードになっているが、雅な世界というよりも、カルタ界のドロドロを描く。 「運命戦」のようなカルタ用語が普通に理解されるようになったことは『ちはやふる』との相乗効果があるかもしれない…

専任媒介か一般媒介か

家を売る時に専属専任媒介契約と専任媒介契約、一般媒介契約の何れが良いか消費者は悩みます。結論を先に申し上げると、物件囲い込みの問題があるため、一般媒介契約をお勧めします。 専属専任媒介契約では、契約した仲介業者を通してしか売却できません。専…

姥捨て山戦争

『姥捨て山戦争』は世代間対立を描く小説である。シルバーデモクラシーに見られる世代間不公正への不満は十分に理解できるものである。この問題意識を無視して社会問題を論じても説得力はない。その意味で本書はタブーを恐れない勇敢な書籍である。

林田力・不当逮捕サスペンス

不当逮捕や家宅捜索など警察の捜査権濫用による人権侵害とサスペンス作品のレビュー。 【書名】不当逮捕サスペンス/フトウタイホサスペンス/Unreasonable Arrest and Suspense 【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 【出版社】江東住まい研究所/…

アクロイド殺し

『アクロイド殺し』はフジテレビで戦後の昭和を舞台にした『黒井戸殺し』としてドラマ化された。殺された人の名前が黒井戸であり、原作と同じタイトルの付け方である。 アガサ・クリスティ作品のドラマ化はテレビ朝日も『パディントン発』や『鏡は横にひび割…

執事西園寺の名推理

執事西園寺の名推理はテレビドラマである。上川隆也が名推理でレディに尽くすパーフェクトすぎる執事になる。殺人事件が起きる。警察は見込み捜査で犯人を決め付け、自白を強要する。ステレオタイプな日本警察である。おまけに顔がでかく暑苦しい。視聴者に…

肺炎の薬の投与期間

治療期間が不十分であると治療効果は減弱する。日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会「成人院内肺炎診療ガイドライン」(日本呼吸器学会、2008年)41頁は、投与期間の目安を7〜10日とする。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎に適切な対処をすることは医師の注意義務に当然含まれる。 「誤嚥の関与する肺炎を積極的に診断し、適切な抗菌薬治療を選択しないと、不十分な治療になって致死的状態に陥ったり、過剰な治療で耐性菌を増やしたりなど負の効果をもたらすことになる…

中華一番

中華一番は清末を舞台とした歴史グルメ漫画である。中華一番!極は四川省が舞台である。四川料理は中華料理の主要ジャンルであるが、四川省は内陸部であり、日本人にとってかなり縁遠い。東北はウラル・アルタイ語族の文化圏であるし、広東は海を通してつな…

危険なマンション取引

六間道路は道路の名前であるが、六間道路という名前のバス停もある。 ある『銀河英雄伝説』の二次小説ではヨブ・トリューニヒトにお好み焼きを熱く語らせている。 東急不動産消費者契約法違反訴訟(東急不動産だまし売り裁判)原告が危険ドラッグのように危…

賃貸か分譲か

賃貸か分譲かのどちらが良いかは昔から議論されています。私は新築マンションのだまし売り被害者のために分譲に辛口です。特に今は不動産バブル状態ですので、今不動産を買われると高値つかみになります。東京オリンピック・パラリンピックが終わった後には…

エンゲイグランドスラム

フジテレビがENGEIグランドスラムを放映した。 和牛のクラブの漫才はストーリー性があって楽しめた。考え方に感心させられた。何が楽しいかは人それぞれである。 ロバートはシェフへのテレビ取材のコントである。「高級食材で美味しいものは誰でも作れる」「…

ベーシックインカム

ベーシックインカムの一番の問題は支出の正統性です。生活保護のように貧困者を対象に支出することは理解しやすいです。これに対して生活に困っている人も困っていない人も関わりなく、一律に支払うことが正当化できるかという問題があります。 この問題に対…

東急大井町線

クラウドファンディングをする場合、一回限りの活動か継続的な活動かが問題になります。前者ならば活動に必要な金額を集める話になり、単純です。 【書名】東急大井町線問題/トウキュウオオイマチセンモンダイ/Tokyu Oimachi Line Problems 【著者】林田力…

心の悩み

コアな定期的な活動と、それを告知する大きなイベントの二点が課題でした。 コアな定期的な活動としては月一回で心の悩み相談会を開催する形がオーソドックスと思います。複数人の相談員が個室か仕切られたブースに待機して話を聞きます。相談料を廉価とする…

東急東横線

『彗星パンスペルミア』はスリランカ出身の宇宙生物学者がパンスペルミア説を提唱した書籍である。パンスペルミア説は地球上の生命が宇宙から飛来した彗星の破片や隕石に由来するものであり、生命の進化も彗星の破片や隕石にあるウイルスに由来すると主張す…

林田力が東急田園都市線問題を刊行

3月25日の笑点の大喜利は「それじゃ駄目じゃん」のお題でした。このお題に合わせるならば以下になります。利益を告げるが不利益告げず、それじゃ駄目じゃん東急不動産。東急リバブル東急不動産の消費者に対する無知は謙虚も謙遜も決して育てません。 東急…

笑点の大喜利

3月25日の笑点の大喜利は「それじゃ駄目じゃん」のお題でした。このお題に合わせるならば以下になります。利益を告げるが不利益告げず、それじゃ駄目じゃん東急不動産。

鏡は横にひびわれて

アガサ・クリスティ『鏡は横にひびわれて』はミスマープル物の推理小説である。タイトルは詩的であるが、実際に詩の一節が使われている。女優のパーティーで殺人事件が起きる。テレビ朝日でドラマが3月25日に放送される。 何気ない行為が他人を傷つけ、他…

パディントン発4時50分

アガサ・クリスティ『パディントン発4時50分』は安楽椅子探偵ミスマープルが活躍する推理小説の一作品である。テレビ朝日でドラマが2018年3月24日に放送された。 タイトルからして特別な響きを感じる。テレビ朝日のドラマは現代日本に舞台を置き換…

アド・アストラ

カガミノハチ『アド・アストラ、スキピオとハンニバル』第2巻はハンニバルが神がかっている。外見もナザレのイエスを連想させる。 ハンニバルは比類なき英雄であるが、物語を書く上で難しい点はローマ側の史料しか存在しないことである。歴史は勝者によって…

少女マンガ研究

ハンニバルとスキピオのタイトルであるが、第3巻のローマ側の主人公はファビウスである。 少女漫画。それは一見すると男子禁制の世界である。キャラクターの瞳には星が輝き、少女目線に彩られた恋愛至上主義の世界観は男子を拒絶する。しかし、中には男子が…

地理

悪徳不動産業者は消費者の主張を容認することを敗北とみなし、高価な経験を後に活かす道を自ら閉ざしてしまいました。 【書名】地理/チリ/Geography 【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウ…