林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

キンドルで不当逮捕レビュー

#不当逮捕 #書評 #小説 林田力『不当逮捕レビュー』(Amazonキンドル)はナンシー・テイラー・ローゼンバーグ『不当逮捕』をはじめとする警察小説、犯罪小説、推理小説などのレビューである。 【書名】不当逮捕レビュー/フトウタイホレビュー/Review about A…

ママを殺した

#介護 #書評 #高齢者 藤真理子『ママを殺した』は女優による母親との思い出や介護を描いた書籍である。タイトルは衝撃的であるが、内容は異なる。むしろ著者の介護である。著者には反省や後悔が多々ある。だから本書のようなタイトルになったのだろうが、立…

空き家をシェアハウスに・林田力

#空き家 #シェアハウス #空き家活用 林田力『空き家をシェアハウスに』(Amazonキンドル)は空き家を若年層など住まいの貧困に苦しむ人々向けのシェアハウスとして活用することで、空き家問題と住まいの貧困の解決を提言する。若者の自立支援政策を目的とした…

近現代の日本史・林田力

#日本史 #幕末 #歴史 林田力『近現代の日本史』(アマゾンKindle)は幕末から明治・大正・昭和の日本史の記事集である。 【書名】近現代の日本史/キンゲンダイノニホンシ/Modern Japanese History 【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 【出版社】…

ソロモンの偽証3

#ミステリ #書評 #小説 宮部みゆき『ソロモンの偽証』文庫版3巻は、真実を明らかにするための学校内裁判が始まる。真実を明らかにするために裁判するという発想が面白い。皆が同じ方向に一致団結して進むという特殊日本的集団主義ではない。弁護人側や検察…

アマゾンで海堂尊レビュー

#Amazon #書評 #医療 林田力『海堂尊レビュー』は医療ミステリー作家・海堂尊の桜宮サーガのレビューである。海堂尊『チーム・バチスタの栄光』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、多くの作品がドラマ化や映画化されている。 【書名】海堂尊レビュ…

七年の夜

#韓国 #小説 #書評 『七年の夜』は韓国の小説である。韓国で話題の作家の作品である。現在進行形の話と回想が並行して描かれる。 有力者のバカ息子のために警察が見込み捜査する腐敗が描かれる。真相が明らかにされても反省しない。「弱みを見つけて横暴な捜…

世界史

#林田力 #歴史 #世界史 林田力『世界史』は世界史に関する作品のレビュー集である。 【書名】世界史/セカイシ/World History 【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Labora…

戦国時代

林田力『戦国時代』は日本の戦国時代に関する作品のレビュー集である。 【書名】戦国時代/センゴクジダイ/Japanese Warring States Period 【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto…

十条駅西口再開発

#十条 #北区 #再開発 東急不買運動をすると背筋が伸びる。 林田力『十条駅西口再開発問題』は東急不動産らが参加組合員になっている十条駅西口再開発や東急不動産だまし売り裁判など東急問題を取り上げる。 【書名】十条駅西口再開発問題/ジュウジョウエキ…

佼成病院裁判と介護

『佼成病院裁判と介護』は立正佼成会附属佼成病院裁判と介護の問題を取り上げる。立正佼成会附属佼成病院裁判は、高齢化社会に向けて「命の大切さ」を訴えている。高齢者の「命」が大切にされていない。佼成病院では担当医師と患者の長男夫婦の話し合いだけ…

東急不動産だまし売り裁判

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買 #東急不買運動 東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。これ以上、東急不動産だまし売りの犠牲になってはいけない。未来を危険にさらすことはできない。

ソロモンの偽証

#小説 #書評 #江東区 宮部みゆき『ソロモンの偽証』は東京都江東区立中学校を舞台とした小説である。雪の日に屋上から飛び降りたと見られる生徒の遺体が発見される。その生徒はヤンキー三人組と喧嘩した後で不登校になっていた。ヤンキーが野放しで、大人し…

二子玉川駅で白杖事故

#東急田園都市線 #東急不買 #東急不買運動 二子玉川駅で東急田園都市線の電車に視覚障害者の白杖が挟まれる事故が起きた。非常に危険である。日本海賊TV『金八アゴラ』で取り上げる。 東急グループの消費者無視体質は東急不動産だまし売り裁判に現れている。…

東急不動産アスクル火災倉庫

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買 #ASKUL 東急不動産のASKUL火災倉庫購入を日本海賊TVで取り上げた。東急不動産が倉庫を建て直すか疑念の声がある。マンションを建てるのではないか。特別目的会社や不動産ファンドは胡散臭い。問題物件を売却して損失を…

林田力・ナルトとボルトレビュー

#ボルト #ナルト #漫画 林田力『NARUTOとBORUTOレビュー』は岸本斉史の漫画『NARUTO―ナルト―』と続編『BORUTO―ボルト―NARUTO NEXT GENERATIONS―』のレビューである。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の立場からレビューする。 『NARUTO―ナルト―』は『週刊…

どんな癌でも自分で治せる

#癌 #がん #医療 『どんな癌でも自分で治せる』は癌を自力で治すことを勧める書籍である。抗がん剤や手術が意味がなく、逆に寿命を縮めかねないものであることは既に指摘されている。『癌と闘うな』が有名である。私は慶應義塾大学卒業のため、人並み以上に…

林田力・東急不動産問題

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東住まい研究所 人間の生活に必要なものは衣食住と言われます。 林田力『東急不動産問題』は東急不動産だまし売り裁判など東急不動産の問題を取り上げる。東急リバブル・東急不動産は不利益事実を隠して新築マンション…

ナルト16巻

#ボルト #ナルト #漫画 『ナルト』16巻は木の葉崩しが終結する。第一話のナルトの扱いでも感じたが、木の葉隠れの里は人材の活用が下手である。大蛇丸は仕方ないとしても、伝説の三忍を輩出しながら、誰一人活用できていない。もっとも伝説の三忍を活用し…

ボルト4巻

#ボルト #ナルト #漫画 『ボルト』4巻は火の国の大名の息子の護衛から始まる。ボルトが教え諭す側である。ナルトにも木の葉丸とのやり取りがあった。エリート教師のエビスを感心させたナルトに比べると、ボルトは他人の受け売りという感じがする。 『ボルト…

佼成病院裁判

#裁判 #医療 #佼成病院裁判 立正佼成会附属佼成病院裁判(平成29年(ネオ)第596号、平成29年(ネ受)第670号)の上告受理申立書を日本海賊TVで取り上げた。佼成病院の意思が治療拒否を誘導しているような実態が浮かび上がった。最善の医療を受ける権利など憲法を…

エストFJネクスト迷惑勧誘電話

#迷惑電話 #不動産投資 #FJネクスト不買運動 FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)やエストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。エスやイーエスティーと名乗る。未公開株の勧誘との報告もある。会社の電話に手当たり次第にかけてくる。 『ナルト』15…

ナルト14巻

#ボルト #ナルト #漫画 『ナルト』14巻は木の葉崩しである。三代目火影が初代と二代目の火影、大蛇丸と戦う。暗部は結界に入れず、解説要員になっている。仮に結界に入れたとしても火影の戦いに手出しできるとは思えない。暗部はユーモラスな面を被ってお…

ボクの針は痛くない

#エッセイ #書評 #レビュー 『ボクの針は痛くない』はハリネズミを主人公としたフォトエッセイである。本書のハリネズミは自分には針があるために周囲から嫌われていると思っていた。それから家族ができ、自己肯定に至る物語である。ハリネズミを擬人化して…

東急ハンズ問題

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不動産不買運動 #東急不買 東急不動産だまし売りは人間蔑視の価値観の上に築かれている。 林田力『東急ハンズ問題』は東急ハンズの問題を取り上げる。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過…

立正佼成会附属佼成病院裁判

#立正佼成会附属佼成病院裁判 #自己決定権 #医療 立正佼成会附属佼成病院裁判の上告理由書を日本海賊TVで取り上げる。上告理由は大きく三点である。最善の医療を受ける権利の侵害、自己決定権の侵害、審理不尽である。前二者は新しい人権であるが、アプリオ…

ナルト13巻

#ボルト #ナルト #漫画 『ナルト』13巻は中忍選抜試験の第三の試験の本選である。奈良シカマルとテマリの対決は意外な決着であったが、好意的に評価された。忍者は戦いに勝つことが目的ではなく、任務を達成することが目的である。だから逃げること、生き…

お好み焼き

埼玉県さいたま市桜区の道とん堀でお好み焼きです。もんじゃ焼きや焼きそばも食べました。

湖の男

#書評 #小説 #推理小説 『湖の男』はアイスランドの推理小説である。湖から骸骨が発見される。骸骨は1970年以前のもので、殴られた跡があり、警察は殺人事件として捜査する。ソ連製の盗聴機がくくりつけられており、冷戦時代のスパイ行為が犯罪の背景に浮上…

ナルト12巻

#ボルト #ナルト #漫画 『ナルト』12巻は中忍選抜試験の第三の試験の本選である。うずまきナルトと日向ネジの対決である。日向の分家と本家の因縁が明かされる。ネジの恨みは必ずしも正しいものではなかった。しかし、分家が可哀想な存在であることは変わ…