林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

生活の党への失望と期待と懸念

日本未来の党改め生活の党には失望と期待と懸念がある。国民の生活が第一が未来の党に発展的に解消したことは結果から判断すれば失敗であった。もともと国民の生活が第一は、民主党マニフェストを反故にし、国民の期待を裏切ったことへの批判として生まれた。現在の民主党国民の生活が第一の何れが国民が期待した政権交代時の民主党の精神に忠実であるか国民の審判を受ける意味があった。国民の生活が第一は政党名としては異質であり、キラキラネームと批判されたが、民主党マニフェストを体現する言葉としては明確であった。それが未来の党になったために自ら重要な争点を分かりにくくしてしまった。代わりに未来の党は卒原発をアピールしたが、脱原発は未来の党の専売特許ではない。未来の党の候補者の多くが脱原発で一貫していた訳でもない。国民の生活が第一から未来の党になることで自らの強み、自らの原点を自ら曖昧にしてしまった。

未来の党の選挙戦は鈍かった。江東区では未来の党の現職代議士が落下傘候補民主党公認候補に得票数で負けている。これは腐っても民主党民主党の威光を示した。未来の党は自分達こそ本来の民主党とアピールして民主党支持層に食い込むべきであった。

未来の党は選挙戦では組織的な活動ができたとは言い難い。急ごしらえの新党結成が裏目に出た。未来の党の選挙戦は素人のボランティアに支えられた。選挙区に関係なく自分が応援する候補者を応援した。それは小さな力であるが、地域や業界団体、労働組合、宗教団体などの顔役が仕切る従来型の選挙活動よりも健全であり、民主的である。この動きを党運営に活かせれば市民派の政党になることができる。

未来の党は教条主義的な左翼から保守本流の前歴を糾弾される傾向がある。しかし、主義主張への重なり具合では共産党を支持した方がよくても、党組織は市民派が自己実現するには閉鎖的な印象を受ける。未来の党の体質は市民派が自己実現できる開かれた可能性がある。

但し、未来の党のオープン性には危険もある。放射脳カルトなどの異常者が入り込む余地があるためである。放射脳カルトだけでなく、「自民党は徴兵制を施行する」などのデマを拡散する。放射脳徴兵制も現実に苦しむ国民の生活課題からかけ離れたデマである。これは直面する生活課題から目をそらす脱法ハーブのようなものである。トンデモ層の支持率の高さはTwitterで未来の党の支持者を探せば明らかである。それは良識的な市民を離反させる。

もともと民主党は保守的な性格と革新的な性格を併せ持つことが強みであった。それは極端な人々からは忌み嫌われた。右翼からは売国政党と罵られ、左翼からは第二自民党と揶揄された。しかし、穏健な市民層には曖昧さが心地よい。

未来の党は総選挙の反省から、後援会や地盤重視の保守的な選挙活動に揺り戻しが来ると予想される。勝手連的な市民派の自発性は活かしつつ、良識によって放射脳カルトなどの非常識を排除し、地に足ついた活動を再構築することが再生の道である。林田力wiki

http://hayariki.net/