林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力『東急大井町線高架下立ち退き』

林田力『東急大井町線高架下立ち退き』(Amazonキンドル)は東急大井町線の高架下立ち退き問題を取り上げたノンフィクションである。東急電鉄は高架下住民に対して一方的な立ち退きを要求する。現地は東急大井町線大井町駅と下神明駅の間の高架下である。

高架下住民は長く高架下で生活し、商売してきた。しかし、東急電鉄は十分な生活補償もなしに追い出しを図る。まるで貧困ビジネスゼロゼロ物件業者の追い出し屋である。

東急電鉄は耐震補修を口実に住民の追い出しを図るが、ギリギリになるまで住民に伝えなかった。住民は十分な猶予期間なく追い出される。これは不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判と共通する不誠実である(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』)。

東急電鉄は追い出しによって高架下のレトロなコミュニティーを破壊する。これは二子玉川ライズと共通する街壊しである(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazonキンドル)。

http://hayariki.net/