林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

東急リバブルの非常識

東急リバブルの非常識な対応に怒りの声が出ている。東急リバブル担当者の常識がなさすぎて呆れたという。東急リバブルの非常識な対応や消費者無視は東急不動産だまし売り裁判と共通する(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。東急リバブルはマンションだまし売り被害者にダイレクトメールを送り付けるほど非常識である。

東急リバブルから督促状が手違いで送られてきた。問い合わせの電話をしたところ、あり得ないほどの上から目線の喋り方で、お金払ってないんだからそんな手紙が届くに決まってるみたいなことを言われた。

手違いかもしれないからと言っているにも関わらず、話にならなかった。この人ではダメだと思い、他の人に代わってくれるよう言ったが、誰に代わっても同じと言い張り、代わってもらえなかった。結局、間違っていたのは東急リバブルであった。

なぜ確認もせず、頭ごなしに消費者が悪いと言うのか?

東急リバブル担当者は、敬語と謙譲語覚え間違えているのか、社内の人間のしたことに対して尊敬語を使用するなど、おかしな喋り方であった。東急リバブルのレベルは低い。