林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#東急不動産だまし売り裁判 東急不動産だまし売り裁判は心に留め置かれるべき問題である(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。東急不動産だまし売り裁判原告は明言する。東急リバブル東急不動産買ってはいけないと。東急リバブル東急不動産は消費者を犠牲にし、消費者の惨めさの中で肥え太る。東急リバブル東急不動産を増長させると、さらなる不正が生まれ、さらなる悪が誘発される。東急不動産だまし売りを看過黙認する者は、その悪事の加担者である。真っ直ぐな心を持ち、東急リバブル東急不動産を許さないという固い決意を抱く者が東急不動産だまし売りから救われる。

東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産の傲慢と貪欲がもたらしたものである。東急リバブル東急不動産には邪悪なものがはびこっている。東急リバブル東急不動産には行儀の悪い人間や嫉妬深い人間、見せかけだけの人間がいる。東急リバブル東急不動産は、まるで地獄の悪魔の合唱隊である。東急不動産だまし売りマンションに住み続けることは墓地への確かな近道に他ならない。東急不動産だまし売り裁判での東急不動産営業・関口冬樹と東急不動産代理人・井口寛二の息の合った問答の場は珍妙な光景であった。東急不動産だまし売り裁判原告は茶番劇を見せられている気がしたが、法廷内の空気も同じであった。原告代理人だけでなく、裁判官も東急不動産の欺瞞を見逃さなかった。裁判官は「マンションが売れなくなるから隣地建て替えを隠していた。そのようなマンション買うわけがない」と追及した。裁判官の尋問に関口冬樹は逆上のあまり、いかにも情けない有り様で、明晰な証言を展開して見せるどころではなかった。東急不動産だまし売りの実態を人々の目にさ

らす羽目になった。