林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

東部勝手連総括会議

#江東区 #亀戸 #宇都宮けんじ 宇都宮けんじ東部勝手連は2014年2月15日に東京都江東区亀戸で総括会議を開催する。投票率が下がったことと出ていった人がいた中で増やした票の意義は大きい。

田母神票は怖い。もともといたと見るべきではないか。若い層が多い。

メーリングリストは存続する。システムの都合上、別サービスに移行しなければならない。オプトアウト方式で移行する。管理者がアナウンスする。東部中心であるが、登録者の住所はこだわらない。居住区は自己紹介する。

東部の票が伸びていることは誇っていい。宇都宮けんじの知名度は上がっている。日常活動を進めていくべき。地域で一緒に活動していく。東部地域のイベントをメーリングリストにどんどん掲載する。

宇都宮さんが勝手連の運動を評価している。東部は評価されている。

東部は市民運動である。宇都宮さんを呼ぶ集会を企画する。

宇都宮さんは一本化に立腹したと思う。市民の運動を大切にしていこう。市民派の区議などを出していこう。

田母神さんの伸びは危険。無党派の受け皿が出来ればいい。

緑の党は分裂した。細川陣営にどう対抗するか。我々はワンイシューとして批判した。一つ一つの政策を検証して実践する。

バックに小泉がいる。操り人形に見える。

宇都宮さんと小泉さんの討論会を開催する。

市民運動は一つにまとまらない。そこに価値がある。

細川さんが勝つと思って投票した人達とは一緒にできる。強引に一本化を要求した人々をどう考えるか。

宇都宮さんの政策は特定政党のものではなく、市民の政策と胸を張ってよい。

自民党は、空中戦はしていないが、きちんと地道な選挙戦をしていた。どうしたら無党派に食い込んでいけるか。コツコツ地道にしていくしかない。

我々がしていく中で見えてきたものは、貧困問題がある。韓国は若者の投票率は八割ある。歴史の教育が大きい。討論の習慣がある。韓国は労働運動も強い。集会は歌あり、踊りありで楽しい。日本には政治アレルギーがある。