林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

カオスUK

#宇都宮けんじ #都知事選 #東京都知事選 宇都宮けんじ「選挙ってオモシロイ?! カオスU.K.」が東京都新宿区の新宿ロフトプラスワンで開催される。ネット選挙の裏側を明らかにする。壇上に上がっている人物は皆、素人である。

ネット選挙は都知事選で初めての経験である。手探りで進めた。

宇都宮けんじ東部勝手連は前回の選挙で終わりにせず、勉強会開催など継続して活動した。それが今回の選挙で素早い動きになった。

シェアハウス、ブラック企業、ブラック介護の問題はテーマとして正しい。シェアハウスを江東区に作る。

統一地方選挙を重視する理由ですが、まず価値観の問題として国政選挙と地方選挙のどちらが大切かは人それぞれです。国政選挙で手一杯だから地方選挙はやらないという論理があるならば、逆に地方選挙で手一杯だから国政選挙はやらないという論理もあります。これは神学論争になります。

次に都知事選挙の反省として、都政を軽視して国政課題ばかりを叫んだという点があります。これは前回の大きな反省で、今回は改善されましたが、個々の意識はまだまだという感じです。国政マターについては一家言持つが自分の住む地域のことは知らないというスナフキン市民運動家の弱さが敗因の一つにあげられます。国政選挙よりも基礎自治体の選挙に取り組むことは、都知事選挙にチャレンジする上で有益と考えます。

最後に国政選挙を第一と考えたとしても地方選挙に取り組むべきと考えます。地方選挙で自分達の議員や首長を増やせることができたならば、彼らが国政選挙で働いてくれます。東部地区で最も宇都宮票が伸びた地域は葛飾区でした。ここは都議会議員選挙で共産党候補が当選し、区議会議員選挙で新社会党社民党緑の党推薦の無所属候補が新たに当選しました。