林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

宇都宮けんじカオスU .K.

宇都宮けんじ「選挙ってオモシロイ?! カオスU.K.」。ネイバーまとめを活用した。

ツイキャスは初めてであった。街宣車からツイキャスした。茨城県から来た。吠えるの動画を見てボランティアになった。

宇都宮さんは選挙に出たがっているのではないかと思っている。

ネット選挙は何でもできる。できることがありすぎて大変である。可視化は、ごまかせない。リアルタイムで出てしまう。田母神陣営とますぞえ陣営の醜い喧嘩も明らかになった。意図をもって編集される危険がある。増幅される怖さがある。

最初はツイキャス経験者が少ない状況である。毎日ツイキャスしなければ気が済まない状況である。選挙後も宇都宮けんじさんを追っている。

ツイキャスはタイムラインに書き込みしてくれる。それがいい。アドバイスが重要である。

公式アカウントで多数のフォロアーを集めるよりも、複数人が流す方がいい。

バナープロジェクト。宇都宮けんじバナー大作戦。文字入り画像で伝える。バナーがあると見られやすいし、伝わりやすい。バナーは非常に大切である。外に伝えるだけでなく、内向きに鼓舞することにも使える。一番反響があったのは猫のバナーである。動物の刹処分ゼロを宇都宮さんが公約に掲げた。政治に触れたことがない人がリツイートしてくれた。宇都宮さんの新たな魅力を伝えることに成功した。うつけんコピーというハッシュタグができた。羊の顔をした鋼の魂という面白いものもあった。

シンスゴさんのスピーチに感動した人が多い。

いいコンテンツに誘導するあいキャッチのコンテンツである。バナーを作ることで盛り上がる。

ベルギーなど海外の人も作ってくれた。

素材が豊富であった。場を作ることで共有できる。全体レベルを底上げできる。