林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は東急リバブル東急不動産の悪を真実をもって暴く。東急不動産は売ったら売りっぱなしである。東京都世田谷区玉川の二子玉川ライズも「売ることだけ考えないでもう少しニコ玉に合うマンションを作れば良かったのに」と批判される。

東急不動産だまし売り裁判』は消費者運動の心のオアシスである。東急不動産だまし売り裁判は、忘れようとしても忘れられない過去である。東急リバブル東急不動産は都合の悪いものに蓋をして、世間の非難から目をそらす。

東急不動産だまし売り裁判をよく覚えておいて欲しい。林田力は東急不動産だまし売りを伝えるために東急不動産だまし売り裁判を闘った。東急不動産だまし売り被害者は激痛と飢え、苦しみと絶望の中を生きなければならない。東急不動産だまし売りは粗野で下劣な詐欺商法である。東急不動産だまし売りの悪を表現する上で蛮行は、まさに適切な言葉である。東急リバブル東急不動産は卑しい。根っからの悪人である。東急リバブル東急不動産の思考法は結論が先に存在し、それに合わせて都合のよいデータだけを取り出していく。

東急ハンズは心斎橋店員が過労死した(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。東急ハンズ過労死について、人の心を痛めつけて何とも思わない人が多すぎると批判された。そのような人々が濃縮された会社とする。俺が俺がと自己主張ばかり、人への配慮のない自己中心主義者ばかりである。過労死は偶然ではない、必然であると主張する。

ブラック社員にとって部下は玩具である。ひま潰しに虐める慰みものである。人事はまともな判断ができない。人殺しを優先する会社はブラック企業である。自分達で望んでブラック企業にしたのだから、世間からブラック企業と言われることは当然である。それとも「人を大切にする会社です」と罰当たりなことを言いたいか。東急不動産だまし売りと同じ欺瞞である。