林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

宇都宮けんじさん江東区報告会

f:id:hayariki2:20140301182418j:plain

#選挙 #江東区 宇都宮けんじさん知事選江東報告会・お疲れさま会が東京都江東区の総合区民センターで開催された。

革新都政をつくる会いのまた。地元の宇都宮さんということで全開で活動する。スクラムを組んで活動した。江東区は全都の中で二番目に得票を伸ばした。東京都の土地を使って福祉施設を作ることを、桝添さんが言い出した。政策的に有為な主張をした。我々が闘った結果である。私達の要求を実現する。投票だけが闘いではなく、これからが闘いである。引き続きスクラムを組んで要求を実現したい。

村田。選挙結果、データから見えたこと。全体では得票率・得票数とも大幅に伸ばしている。運動の成果である。

江東区も得票率・得票数とも伸ばしている。下町地域は全て上がっている。東部は伸ばしたと選対本部でも評価している。

出口調査では医療、福祉の関心が最も高い。桝添さんは高齢者の支持割合が高い。宇都宮さんは年代的に平均して票を集めている。細川さんは中高年で票を集めた。若年層と高齢者の支持は低い。

宇都宮・細川票を合わせると無党派層の中では桝添・田母神票をパーセンテージで上回った。

選挙事務所に9時過ぎると若者がどっと増える。わっと押し寄せる。ネット選挙の勉強会を複数回開催した。選挙事務所は活発化した。

街宣関係は二回目なので慣れている人が増え、スムーズにいった。宇都宮さんの演説は日をおうごとに向上した。

テレビ討論には万全の体制で望んだが、主として細川陣営の問題で中止になった。一人の欠席で中止になることはおかしいと考える。

一本化問題について。細川陣営と一本化についての公式な話し合いは最後までなかった。善戦はしたが、保守層を取り崩すことはできなかった。

映像で見る宇都宮けんじ都知事選挙。最終日、大雪の中での最終演説を上映する。

司会「お疲れ様でした。宇都宮さんという素晴らしい候補者と戦った。私達のネットワークが東京全域に広がった。今日は交流を深めていただきたい」

前田かおる前江東区議。選対本部・選挙事務所で見えたもの。前の選挙は勉強から始めた。事務局は日を追ってメンバーが増えた。保育スペースが好評であった。子どもがいると、ほのぼのする。若い人の参加は多かった。

前回と異なる点はインターネット選挙である。若い人達の関わりが多かった。貴重な財産になった。貴重な体験を今後に活かしたいと言っている。