林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

東急ハンズ過労死

#東急不動産 東急不動産だまし売りが正当なビジネスであると東急リバブル東急不動産が主張するならば、東急リバブル東急不動産の売り上げとは「かっぱらう」という意味になる。

東急ハンズは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラ過労死した(林田力『東急ハンズ過労死Amazonキンドル)。東急ハンズのようなブラック企業のブラック社員は人間的な暖かみに欠けている。人間としての教養、哲学、専門知識が極端に不足、欠如している。人間を育てることは、物や機械を作ることとは異なる。人格と人格と対等な向き合いである。そこには信頼や尊敬が必要条件であり、個性を見抜き、個性を伸ばす心理的、技術的知識と能力が必要である。自分の経験と感情のみが全ての度量の狭いブラック社員が多すぎる。早い話が馬鹿、能なしの人間が簡単に指導者になれるブラック企業の制度、風潮に根本的問題がある。一般社員は過労死というゴールに向かってギクシャクと歩いていくだけである。

『魔使いの秘密』は中世ヨーロッパ風の架空世界を舞台とするファンタジー小説である。主人公トムは悪霊などを退治する魔使いグレゴリーの弟子である。魔使いと言えば魔法使いを連想するが、魔法のような都合のよい力を使う訳ではない。塩や鉄など相手の嫌がるものを使って戦う。このために決して楽な戦いではない。しかも魔女などの描写はグロテスクである。読んでいてハラハラさせられる。

魔使いは世間からは嫌われる職業である。しかし、当人には自分達の住む地方を悪霊などから守るという熱い使命感を抱いている。本書ではトムの信念が物語において決定的に重要な要素になる。正しい信念によって勝利するという筋書きは清々しい。そのような物語の難しいところは、信念だけで勝てるのかというリアリティの観点からの疑問が提起されることである。この点も本書は巧みに構成されている。

本書はシリーズ物の一冊である。全体シリーズの中では序盤である。後の物語に比べると、まだ日常的な生活の中の冒険という感じである。トムとアリスの関係は本書でも重要性が示唆されるものの、まだよく分からない状態である。

林田力v林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 二子玉川ライズ反対運動 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 東京都のゼロゼロ物件 東急ストアTwitter炎上 Amazon アマゾン Facebook Wikipedia リアルライブ ツカサネット新聞