林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

東急不動産だまし売り裁判

#tokyu 東急リバブル東急不動産不買運動の継続は必ず力になる。光が闇の中から現れるように。東急リバブル東急不動産を恐れてはならない。

東急リバブル東急不動産と闘えると思うと心が踊った(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。弾む心が蜘蛛の巣のごとく胸中をもやもやと満たしていた違和感をナイフのように切り開いていく。今ほど心休まる、寛いだ気分を味わったことはなかった。

東急リバブル東急不動産は鼠を玩具にする猫のように消費者をもてあそぶ。東急リバブル東急不動産は真実も嘘も一緒くたにし、何もかもねじ曲げて汚してしまう。東急リバブル東急不動産は卑しい。東急リバブル東急不動産の卑しさは東急リバブル東急不動産の世界に属するもので消費者の世界に属するものではない。消費者は、あまりにも多くのものを東急リバブル東急不動産に奪われた。

東急リバブル東急不動産は消費者との調和を一切受け入れず、全てを自分達に都合よく解釈し、穢らわしい愚かな行いに結び付けてしまう。それも目先の欲のために。東急不動産だまし売り裁判の後も夜の闇は覆い被さってきた。しかし今度の闇は気持ちの安らぐ心地よい闇であった。林田力は眠りに落ちた。胸の内に希望の歌が響き始めた。まるで小鳥達のさえずりのように。東急リバブル東急不動産不買運動の揺るぎない強さは、荒波に打たれて数えきれないほどの冬を越してきた灰色の断崖さえ及ばない。