林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

宇都宮けんじ振り返り集会

f:id:hayariki2:20140316181834j:plain

宇都宮けんじ陣営の振り返り集会が文京区民センターで開催される。

担当者の総括。布施。東京デモクラシー。選挙に行かないかもしれない若年層向け。イメージを変えたい。横長のステージを作った。ドミューンは十五万人が視聴した。街頭で十五万人に伝えることは大変である。若い世代が東日本大震災レイシズムのカウンターに取り組む。

川添。政策アンケート。正月返上で政策を作った。政策フォーラムを開催した点がユニークであった。殺処分ゼロのような細かなところも取り込んだ。桝添、細川候補のように規制緩和で良くなるという主張に反論した。

市民からのアンケート、質問状に積極的に回答した。

大久保氏。女性政策チームの取りまとめをした。女性を中心に考えるチームである。女性に伝えるためには、どうすればいいかを検討した。確認団体ビラ2号に漫画的なイラストを入れた。銀座ベビーカー街宣を行った。メディアの注目も高かった。

井上氏。バナー大作戦を統括した。画像がついていると情報が伝わりやすい。殺処分ゼロ政策は話題になった。

川野。街宣責任者。ネットをうまく活用できた。Facebookのチャット機能を使った。Facebookでの反応を改善点にした。

最初にスライドショーを上映した。

中山選対本部長の挨拶。宇都宮候補だけが安倍政権の暴走をストップすると掲げた。会場からは細川はできなかったとの声が出る。

宇都宮けんじ。細川問題を克服して前進したことは大きな意義がある。後だしじゃんけんをせずに政策を掲げて堂々と闘った。討論会が流れたことが問題である。国会議員や首相を経験した人が信念を語る覚悟がないことは失望した。著名人頼み、風頼みの選挙ではダメである。これは教訓として残す必要がある。

私達は前進した。日常的な運動を強化しなければならない。