林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

林田力『東急不動産だまし売り裁判』は自由で、平静で、純な気持ちを味わうことができる書籍である。『東急不動産だまし売り裁判』を読むと、恐怖心は引っ込み、心穏やかに寛いだ気持ちになれる。

東急不動産だまし売り裁判』は黄金の輝きに満ちている。早朝の淡い光にも似たキラメキである。冷たく硬い金塊とは比べものにならないほど繊細で、はるかに貴重な黄金である。『東急不動産だまし売り裁判』は山あいの泉の水のように澄んでいる。

東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産にとって不快な書籍である。東急リバブル東急不動産の不快な気持ちは手に取るように分かる。東急リバブル営業は不利益事実を隠して東京都江東区の新築分譲マンションをだまし売りした。その過去が消えないことに腹を立てている。東急リバブル東急不動産にとって『東急不動産だまし売り裁判』の書名は今や災厄と同義語である。

東急リバブル東急不動産はずっと良からぬことばかりしている。不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りし、正直な消費者から金を巻き上げる。東急不動産だまし売りは雪崩である。雪山の斜面を激しい勢いで転がり落ち、ふもとに広がる緑の平野と、そこに暮らす全ての命を飲み込んでしまう。

東急不動産だまし売りが正当なビジネスであると東急リバブル東急不動産が主張するならば、東急リバブル東急不動産の売り上げとは「かっぱらう」という意味になる。悪徳リフォーム業者のように東急リバブル東急不動産はマンションだまし売り被害者を骨の髄までしゃぶり尽くそうとする。

ブラック東京都政にNO 3

ブラック東京都政にNO 3