林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力・東急ハンズ過労死

#過労死 #ブラック企業 #林田力 『東急ハンズ過労死』(Amazonキンドル)は地獄に開いた小さな正気の空間である。東急ハンズ過労死東急ハンズの強欲が引き起こした破壊である。東急リバブル東急ハンズ東急不動産は資本がぐるぐる回るだけで新しい価値を生まない。東急ハンズは社員を疲弊させる。

東急ハンズでは心斎橋店員がパワハラサービス残業強要で過労死した。サービス残業強要は違法である。サービス残業強要は賃金泥棒である。東急ハンズでは顧客や従業員、仕入れ先、地域社会は置き去りにされる。

東急ハンズのようなブラック企業は消費者にもブラックである。東急ハンズの接客が批判された。フロアでの接客をしていないと批判する。万引き防止の為に棚と棚の間をうろうろしてるだけで陳列商品並べて崩して並べ直しているだけとする。

東急不動産から左遷された社員がテキトーにやってる店と指摘される。値段は高いのに、社員の質が低いからバイトにまともな教育もしていない。だからサービスは悪い。品質も維持できないために赤字にもなる。