林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ディビッド・ハーベェイ

希望のまち東京イン東部事務局長が「地域を変えることの意義・ディビッド・ハーベェイに触発されて」を発表した。ハーベェイという地理学者(マルクス主義者)の理論から地域を変える意義を説明した。

従来の資本論理解では、価値増殖(搾取)が生産過程で行われるという理解から、生産手段の社会化や職場が主戦場という発想になった。しかし、現実の経済は金融資本や流通資本が生産資本を支配している。そのために生産手段の社会化や職場を変えるだけでは社会を変えるイメージとしてリアリティがないと問題提起する。これに対してハーベェイは資本によるアーバナイゼーションという概念を提示する。これは資本に都合のいい都市空間を創出するものである。