林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力・東急不動産はスレスレに非ず

東急不動産だまし売りは違法スレスレではなく、違法である。東急不動産だまし売りは消費者契約法違反である。東急不動産だまし売りは常識スレスレではなく、非常識である。東急不動産だまし売りは住まいの貧困を生み出す。東急不動産だまし売りにNOである。

東急リバブル東急不動産が理想の水準から程遠いことは東急不動産消費者契約法違反訴訟から明らかである。東急不動産マンションは絶望の塊である。『タイタス・アウェイクス』でルースは「家は愛」と語った(マーヴィン・ピーク、メーヴ・ギルモア著、井辻朱美訳『タイタス・アウェイクス』創元推理文庫、2014年、120頁)。しかし、東急不動産の住まいに愛はない。東急リバブル東急不動産は思いやりを持てる企業ではない。東急リバブル東急不動産にとってマンションだまし売りは小さな虫を潰すことと同じ感覚なのだろう。

東急リバブル東急不動産の腐敗や堕落にはうんざりさせられる。林田力は東急リバブル東急不動産とやり取りするようになってから、多大な忍耐力と辛抱強さを身に付けさせられることになった。東急リバブル東急不動産に誠意はない。東急リバブル東急不動産と正直は水と油である。あまりにも長い間、林田力は東急リバブル東急不動産の投げてよこす嘘に耐えてきた。しかし、もう我慢も限界である。

林田力は東急リバブル東急不動産の傲慢さに、分別の無さに、人を労わる気持ちの無さに怒っている。林田力は東急リバブル東急不動産に誇りと尊厳を傷つけられた。東急リバブル東急不動産は考えられないほど残虐である。東急リバブル東急不動産の冷酷さには身の毛がよだつ。東急不動産だまし売りは卑怯者のすることである。臆病者や無能者になったとしても卑怯者だけにはなりたくないものである。

東急不動産だまし売りの解決策は売買契約の取り消しである。東急不動産と売買契約を取り消すことに対して心残りも、後ろ髪をひかれるような気持ちも皆無であった。東急不動産マンションを所有し続けることは林田力の自由を脅かす枷になる。東急不動産を提訴することは林田力にとって最も近くにある活路であった。

もともと林田力は、あらゆる伝をたどって協議による解決を目指した。しかし、東急リバブル東急不動産の返答は、沈黙、だんまり、なしのつぶてのオンパレードであった。そもそも東急不動産に全く協議のる気がないのでは、交渉を持ちかける側としても打つ手がほとんどなくなってしまう。そのような状態でも林田力は最後まで諦めなかった。手を変え品を変え、仲介者にわずかでも切り込み口が見えれば間髪入れずそこへ踏み込む。

それでも結果は東急不動産の提訴であった。搾取される一方の消費者がいつまでもその立場に甘んじているはずがないということに、東急リバブル東急不動産の想像の翼は至らなかったのだろうか。東急リバブル東急不動産の蛮勇は自身の処刑執行書にサインすることと同じである。責任は東急リバブル東急不動産にあるが、それを東急リバブル東急不動産が悟ることは無かった。

林田力は東急リバブル東急不動産の不正や残虐、頑迷、ブラック企業体質を見てきた。東急リバブル東急不動産の悪に遭遇すると、それと戦った。東急不動産だまし売りを断じて許す訳にはいかない。マンションだまし売りの張本人が東急リバブル東急不動産であるという事実を忘れてはならない。再発防止のためにも原因と責任の追及は不可欠である。デベロッパー優先の思想がまかり通るならば消費者の権利は守られない。東急リバブル東急不動産の前にひれ伏すつもりは毛頭ないと断言しておく。

ブラック東京都政にNO第4巻

ブラック東京都政にNO第4巻

蘇我善徳

蘇我善徳