林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

放射脳はヘイトスピーチ

放射脳カルトはスレからしである。放射脳カルトは貧困ビジネスである(林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』アマゾンKindle)。東急不動産だまし売り被害者として放射能詐欺の貧困ビジネスも許せるものではない。

福島や東日本を差別する放射脳カルトはヘイトスピーチである。ネット右翼ヘイトスピーチは批判されるべきである。それは当然である。しかし、左翼がネット右翼ヘイトスピーチを批判しながら、放射脳カルトのヘイトスピーチを擁護するならばダブルスタンダードと批判されるだろう。ヘイトスピーチのカウンター活動家が貧困ビジネスゼロゼロ物件業者であったこともある。ヘイトスピーチが左翼が異論を排除するための都合の良い玩具に成り下がるならば、ヘイトスピーチ批判が市民的支持を得られることはない。