林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ノーベル物理学賞受賞の中村修二氏に複雑な声

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二カリフォルニアサンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表した。日本人の受賞は大きく報道されたが、中村氏に対しては複雑な声も聞かれる。何でもかんでも「俺がやった」的な態度が感じられるためである。「これまで僕を支えてくれた会社や仲間、皆のお陰、一人の力ではない」と語る赤崎氏とは対照的である。

先ず赤木氏・天野氏と中村氏の果たした役割は異なる。赤崎氏は松下電器産業(現パナソニック)東京研究所に在籍していた73年、窒化ガリウム系の青色LEDの開発を始めた。名古屋大工学部教授に転身後の89年、天野氏らと同系の青色LED開発に世界で初めて成功した。製品化に向けた技術開発は、日亜化学工業徳島県阿南市)に在籍していた中村氏が先行し、93年に同社が発表した(「赤崎、天野、中村氏にノーベル賞青色LED開発―物理学、日本人6年ぶり」時事通信2014年10月7日)。

そして中村氏の研究には日亜化学工業の果たしていた役割が大きい。中村氏は入社から約10年間ほど成果を出せなかった。1988年に辞職を覚悟で、当時の小川信雄社長に直談判し、青色LEDの開発の許可を求めた。小川氏の判断で、研究費の支出や米国留学が認められた(「まだ辞めないのか…中村氏「怒りが私の原動力」」読売新聞2014年10月8日)。

会社が発明資金を出し、留学までさせてくれた。倒産寸前になってまで中村氏を支援したとの指摘もある。研究には時間も金もかかり、それを提供してくれた企業がなければ達成できなかった。日亜化学工業が個人を信じてバックアップしたことは事実である。その点への感謝が中村氏からは聞かれない。「一方的に批判するのはどうか」「もう少し感謝の弁があってもいいのでは」「一方的に所属していた企業を責めるのはどうか」との声がある。

http://www.hayariki.net/poli/led.html

中村氏は米国の研究環境を持ち上げて、日本の研究環境を批判する(「ノーベル賞、勝因は「怒り」=日本企業に苦言も―中村さん」時事通信2014年10月8日)。しかし、成功してから渡米したから今の環境がある。日亜科学工業のように実績のない研究者をバックアップするほど米国は甘くない。日本のメディアは日本人の受賞だから大騒ぎしている。海外で海外の良さばかり感じ取り、日本を悪く主張することは、折角の晴れ舞台を台無しにするようで印象も悪い。

Life in Koto City eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store

http://www.amazon.co.in/dp/B00N03IWRC

Amazon.co.jp: 放射脳カルトはヘイトスピーチ 電子書籍: 林田力: Kindleストア

http://www.amazon.co.jp/dp/B00NLFO07U

堺市長選挙 (東急不動産だまし売り裁判)

堺市長選挙 (東急不動産だまし売り裁判)

東急ストアTwitter炎上

東急ストアTwitter炎上