林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ミセス・シンデレラ

#書評 #読書感想 #読書 #新刊 『ミセス・シンデレラ』はブログやTwitterFacebookを活用して書籍デビューした実例やハウツーを紹介した書籍である。インターネットの普及によってギョーカイにコネクションのない人でも、一芸に秀でた情報発信によって編集者に注目されて出版できるようになった。

本書が紹介するテクニックは実践的である。写真を自然光で撮影する、プロフィールに連絡先を明記するなどメディア関係者の立場に立っている。一方でメディア出演を目的化している訳ではなく、「自分の世界観を大切にしている作品の場合は、メディアの露出を慎重に検討したほうがいい」とアドバイスしている(227頁)。

本書は「アウトプットするから、インプット力が高まる」と述べる(190頁)。ブログで特定分野について発信すると同じことに関心のある人達が情報を教えてくれるという。これは私にも思い当たる。私は東急不動産だまし売り裁判を契機として不動産問題について発信しているが、どこどこでマンション建設反対運動が起きているという情報をもらうことがある。それが情報発信力を強化する好循環になっている。