林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力書評・空き家問題

#林田力 #書評 #空き家 #読書 牧野知弘『空き家問題1000万戸の衝撃』は社会問題になっている空き家問題を取り上げた書籍である。著者は不動産コンサルティングに携わり、『だから、日本の不動産は値上がりする』などの書籍を出している。そのような書籍を出した人物が空き家問題を語るようになったところに、日本の空き家問題の深刻な実態がある。

空き家問題は危険空き家の撤去に関心が偏りがちであるが、それが本質ではない。所有者に空き家管理を要求し、違反者を罰するような強権的な方法は本質的な解決策にならない。本書はシェアハウスへの転用や減築など空き家の活用策も提言する。

このようにミクロの視点では大いに参考になり、共感できる。但し、空き家が増えて不動産がコモディティ化しても、経済的事情から住まいがない住まいの貧困の問題は深刻である。この視点は本書に欠けている。市場原理で住宅を見る不動産業者の限界だろう。