林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

江東区環境基本計画パブコメ

江東区環境基本計画(素案)に対するパブコメを提出した。

江東区環境基本計画(素案)18頁の運素輸部門対策の自転車利用促進策として自転車専用レーン整備を追加して下さい。自転車レーンは永代通りのような色分け型ではなく、亀戸駅付近の京葉道路のような完全分離型を求める。整備できる場所から整備するよりも、保育園や小学校付近など歩行者の安全安心の視点で優先的な整備を求める。

自転車利用促進による車から自転車への置き換えは非常に有意義であるが、一方で自転車利用促進による交通事故増加が懸念される。安心安全な自転車利用促進のために自転車レーンが必要である。特に素案はコミュニティサイクル推進による区外からの観光客の自転車活用機会の拡大を図っていますが、土地勘のない人々の自転車利用は事故のリスクを高める。

江東区環境基本計画(素案)53頁では放置自転車解消のために自転車駐輪場の整備を掲げるが、無料駐輪場を検討して下さい。港区が運営する「お台場海浜公園駅暫定自転車等置場」は無料である。駐輪場料金の支払いは、自転車利用者のコスト感覚に見合わず、駐輪場の整備は放置自転車の解消に必ずしも直結しない。

江東区環境基本計画(素案)で言及されていないが、ビル風の実態調査と対策も加えてください。豊洲などでは超高層ビルが林立し、ビル風が強く、雨の日などは傘もさせない状況である。豊洲駅周辺が折れ傘のゴミ捨て場のようになることもある。世田谷区玉川では再開発ビル・二子玉川ライズのビル風で老婦人が転倒し、骨折する事故が起きた。複数超高層ビルが立つことで、一棟単独のアセスでは大きな問題でなくても複合的なビル風になることもあり、基礎自治体が地域を面的に調査する必要がある。

http://www.hayariki.net/koto/eco.html

江東区環境基本計画(素案)で言及されていないが、民家等のブロック塀を生垣に(補助金などで)誘導することを検討して下さい。身近な緑を増やす施策になる。ブロック塀は地震による倒壊で、通行人を負傷させたり、倒壊した瓦礫が交通を妨げたりするリスクもある。また、防犯面からブロック塀を好む土地所有者もおりますが、実際は外部の視線をシャットアウトできるために防犯上のリスクもある。緑地の整備も必要であるが、圧倒的多数を占める住宅のコンクリートを緑に置き換えることも環境問題の解決に資する。

日常グルメレビュー - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/asin/B00OWSLBUE