林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

仙谷由人氏が引退

#民主党 #政治 #選挙 #衆議院 仙谷由人氏が政治家を引退する。これが民主党の刷新につながることを期待する。もう一度民主党が輝くためには、もっとしっかりした対決軸を打ち出し、民主党らしさを示す必要がある。政治主導やコンクリートから人へは、官僚支配や土建国家という戦後日本政治の悪弊に対する解決策になっていた。

民主党しっかりしろ」は多くの有権者の声だろう。一方で左翼側には過去の社会と比べて民主党をだらしないと評価するメンタリティが感じられる。しかし、社会党を手本とすることは民主党らしさから逆行する。民主党に残る社会党的な要素とは仙谷由人氏のようなキャラクターであり、安倍首相が枝野氏に人殺し集団関係者が出入りしている団体から献金を受けたと揶揄したような体質である。民主党が再び輝くためには第二自民党的な部分だけでなく、社会党的な部分も克服する必要があるだろう。

既に民主党は二十年弱の歴史がある。民主党の評価できる若手政治家には社会党と全く接点のない方も多い。私の世代は野党第一党の社会党という存在を有権者として全く経験していない。

逆に有権者人生の中で社会党が野党第一党という時代が長い世代にとって、社会党の存在感は想像できないほど大きいかもしれないが、その認識を他の世代に押し付けることはできない。