林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

二子玉川ライズ風対策4

#世田谷区 #二子玉川 #東急 #環境 世田谷区は二子玉川東地区風調査検討プロジェクト専門家会議検討結果説明会を等々力の玉川地区会館で開催した。

参加者。二期ビルの仮囲いがデータに影響していないか。二期の南はデータが小さいことを気にしている。

中村。解析はない状態でしている。

参加者。アセスと今回の評価はどう違うか。

参加者。一期工事に被害が出た。アセスをやり直さないと世田谷区は答えた。責任はないのか。

中村。アセスと基準が異なる。

参加者。アセスを見直さないことは行政は責任を持たないか。

中村。厳しいと思う。

世田谷区。一期事業二期事業通してアセスを評価する。

参加者。地下道、歩道橋、屋根は許可が出るか不明。対策を続けるのか。

世田谷区。事業者に対策の検討を要請する。今後も専門家の意見を聞いていきたいと世田谷区としては考えている。

参加者。事業者が動かなければ世田谷区の責任である。

参加者。この場所に超高層を建てた責任にこだわりたい。来年は太平洋戦争終戦70年であり、責任追及の動きがある。日本の無責任体制が問われる。