林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

危険ドラッグ問題

#危険ドラッグ #脱法ハーブ #薬物 #脱法ドラッグ 危険ドラッグの原料を中国から密輸入したとして吉野健太郎薬事法違反(指定薬物輸入)で逮捕された。危険ドラッグは社会問題になっている(林田力『脱法ハーブにNO』Amazonキンドル)。

危険ドラッグ対策が強く求められる。そこでは規制や取り締まりの強化という強権的なアプローチが第一に考えられる。一方で危険ドラッグ対策には検査体制や依存症治療体制の強化、より根本的には貧困問題の解決など建設的なアプローチも求められる。

後者の立場からは現在の警察の「取り締まっています」的な取り組みを批判したくなる気持ちは理解できる。しかし、前者と後者をトレードオフの関係と位置付け、前者ではなく後者を求める主張は市民的な理解を得られないだろう。市民は脱法ハーブの蔓延に怒っている。強権的アプローチも建設的アプローチも共に必要である。

勿論、治療が必要な依存症患者に強権的アプローチ一本槍は適切でなく、有害でさえある。貧困ビジネスブラック企業など若者らの置かれた状況を考えなければ公正ではない。