林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

東急リバブル物件囲い込み報道

#東急不買 #東急リバブル不買 #東急リバブル #東急不動産だまし売り裁判 東急不動産ホールディングス傘下の仲介会社らが物件の囲い込みをしている疑惑があると報道された。東急不動産ホールディングス傘下の仲介会社とは東急リバブルになる。仲介手数料の両手取り狙いである。物件囲い込みは東急不動産だまし売りと同じく消費者無視である。東急不動産だまし売り裁判の対応を見れば、会社が詐欺を推奨している様にしか思えない。

東急不動産はブランズ市川真間、ブランズ市川レフィール、ブランズシティ久が原で建築紛争が起きている。東急不動産は銀座に韓国のロッテ免税店を誘致したため、売国企業とも批判されている。東急グループでは東急百貨店が和紙の起源は韓国と歴史捏造の韓国ごり押しで批判されている。東急不買運動も呼びかけられている。

東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して江東区東陽の新築分譲マンションをだまし売りし、消費者契約法違反で売買契約を取り消された(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急不動産の高田知弘係長はトラブルになった顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』アマゾンKindle)。東急リバブルでは迷惑隣人説明義務違反が起きた。東急コミュニティーでは管理費の着服横領が繰り返された(林田力『東急コミュニティー解約記』Amazonキンドル)。東急ハンズでは心斎橋店員が過労死した(林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死Amazonキンドル)。消費者や住民に迷惑かけ続ける東急不動産ホールディングスは痛すぎる。これからも東急不動産の汚名は残り続ける。