林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

賃貸住宅のブランディング

#賃貸 #シェアハウス #不動産 #本

長沢伸也、小宮理恵子『コミュニティ・デザインによる賃貸住宅のブランディング』(2015年)はシェアハウスなどコミュニティ重視の賃貸住宅の価値を分析した学術論文である。学術論文のためにとっつきにくいところもあるが、一般の学術論文と比べれば、はるかに読みやすい。

シェアハウスは古い不動産業界のあり方から脱却する可能性を持っている。新築偏重という価値観から脱却する。空き家の増加が問題になっているが、空き家の活用にもなる(24頁)。「不動産業界では空き家対策の一環としても、シェアハウスに注目が集まっている」

シェアハウスはターゲットが明確であるため、街の不動産屋を通さずに募集をかけているという。不動産仲介会社の存在意義が問われている。

一方でシェアハウスの傾向にも一抹の不安がある。ゲーテッド・コミュニティー化への不安である。住民に開かれ、地域に貢献する存在になれるか。