林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ブラック企業・ブラック士業

ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げる。人間は「ありがとう」と言われるか、社会的な使命感を感じるか、そのどれかがないと仕事に誇りを持てない。ブラック企業にそれがあるのかということをよく考えてから、就職した方がいい。

過労死にしろ強制残業にしろパワハラにしろ、社会を裏切った重大な犯罪である。労働時間をはるかに超えて社員を働かせる。社会を騙して自社の都合と利益だけを追求して営業している。社会からの制裁が妥当である。日本の法律はブラック企業やブラック士業に甘すぎる。ばれなきゃ何をしても良いし、ばれても処分が甘いから次々と発覚する。逮捕者も出ずにのほほんと復活することは問題である。

ブラック士業などブラックな人間は小学生レベルの一行捨て台詞が得意技。多くは学力(特に国語力)が低く、議論が苦手である。自尊心が高く、また敵味方を真っ二つに二分しようとするムラ社会的性向がある。自分達の言動には不備があっても一切拘らないが、少しでも敵と思われるものの不備には一心に噛み付くダブルスタンダードの習性がある