林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

グランドガーラ門前仲町

迷惑勧誘電話のFJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)のグランドガーラ門前仲町買ってはいけない。グランドガーラ門前仲町不買運動を進めよう。借りてもいけないグランドガーラ門前仲町。投資用マンションは無責任になりやすい。

ワンルームマンションは風紀を乱す。FJネクストのガーラ東麻布新築工事は隣接地ギリギリに建設する非常識な計画であるとして住民反対運動が起きている。住民団体「東麻布を守る会」は、FJネクストのワンルームマンションは犯罪が起きやすい環境であると指摘する。危険ドラッグ製造拠点なども考えられる。

マンション投資は成り立たない。マンション投資は計画として破綻している。マンション投資は家計簿を壊す。都心部のマンションは海外の投資家が買い漁っていために値上がりしただけである。このまま進めば現在の住宅の資産価値もなくなるから、ここ数年で売りに出る物件が増える。

マンション投資の勧誘電話は風俗を乱す。マンション投資の迷惑営業は国民生活を破壊し、貧困を生む。もし親が勧誘電話に洗脳されてマンション投資を始めようとしたら、親と喧嘩するくらいの覚悟を持って止めなければならない。近所の投資用マンションは新築から半年たってもまだ入居ゼロである。どうするのだろうか。家賃や借金などの問題を超えて、FJネクストに日本の終わりみたいなものを感じる。

マンション投資には事故物件になるリスクがある。二子玉川ライズやニューステートメナービルの飛び降りは記録されている。これからは高齢者単身世帯も増えて事件・自殺だけじゃなく孤独死の事故物件になるリスクもある。

https://sites.google.com/site/boycottfjnext/monnaka

FJネクストでは幸福とは何かが揺らいでいる。人間は「ありがとう」と言われるか、社会的な使命感を感じるか、そのどれかがないと仕事に誇りを持てない。それがFJネクストにあるかということをよく考えてから、就職した方がいい。

FJネクスト営業は迷惑勧誘電話を続けることでFJネクスト営業でいられる代わりに一人の人間ではなくなってしまう。悪徳不動産営業は一つの物語を最後まで聞くだけの注意力が欠けている。迷惑勧誘電話営業は因果応報の法則からは逃げられない。報いを盛大に受けることになる。

二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動

二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動

東急大井町線高架下立ち退き

東急大井町線高架下立ち退き