林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

危険ドラッグ対策は陸上だけでは

#危険ドラッグ #危険 #ドラッグ #脱法ハーブ

危険ドラッグ対策は陸上だけでは不十分である。危険ドラッグ原料は主に中国から輸入されている。たとえば吉野健太郎は危険ドラッグ原料を沖縄経由で輸入したとして逮捕された。危険ドラッグ犯罪の監視は陸上だけでは不十分である。危険ドラッグ犯罪者の更正にはハードルがある。

危険ドラッグ犯罪者になるまでにもハードルがある。吉野健太郎は危険ドラッグを販売していたとして有罪判決を言い渡された。しかし、判決で認定された時期以前から自己のアングラサイト連邦に脱法ハーブの広告を掲載していた。この時点で問題があった。

危険ドラッグは風俗を乱す(林田力『危険ドラッグは風俗を乱す』アマゾンKindle)。危険ドラッグにNOである(林田力『危険ドラッグにNO』アマゾンKindle)。