林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

消えた修道士

『消えた修道士』はフィデルマシリーズの小説である。フィデルマは弁護士の資格を持っているが、このシリーズでフィデルマのしていることは弁護士というよりも探偵である。これに対して本書では裁判が開かれ、フィデルマが弁護士になる。本来の弁護士らしい役割を果たすかと思いきや、それは序盤だけで、途中から自分のやり方で真実を明らかにすると宣言して、探偵風の謎解きになった。やはりミステリーに求められるものは探偵か。中世アイルランドの訴訟手続きも興味深いため、法廷手続きで勝負するフィデルマも見てみたい。

本書をミステリーとして見ると読者は真犯人をミスリードされる。ミスリードされた登場人物は十分に怪しい行動をしていた。