林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

市民派統一

市民派統一の機運が高まっている。市民派の結集や統一ということは以前から唱えられてきた。その流れの不思議なところは、市民派共産党候補への結集には中々ならないことである。五五年体制の革新的な政治意識が強い人でも、鼻をつまんでも投票するとすれば共産党ではなく維新になることは政策を判断基準とすると不可思議である。当選可能性を考えたと説明されることが多いが、それは言い訳である。共産党候補が選択肢にならない、共産党よりも維新の方がいいと思える要素があるのだろう。それを現実的な意味を持たない反共意識と批判することも可能である。

ただ、結集やら統一やらを至上価値とする市民派ならば、反共バカの壁さえ取り払えば雪崩をうって共産党に結集できるという期待もあると思います。社民党が政党としての存亡の危機にあり、民主党のだらしなさも感じる昨今ならば、この可能性が高まっていることも事実です。