林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

FJネクスト不買運動公式HP

f:id:hayariki2:20160211143200j:plain

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動

FJネクスト不買運動公式HPを見てみよう。投資用ワンルームマンションの電話営業は限定された商品を売るため、相場観や戸建て、土地の専門知識が身につかない。

『誰も知らない』無戸籍児の問題を描いた映画である。実話を出発点とした作品である。豊かとされる日本に存在する貧困と格差の悲惨な現実を明らかにした恐ろしい作品である。

この作品の恐ろしい点は、いかにもという悪人が出てこないことである。子どもを学校に行かせず、最後は捨てる母親はとんでもないが、悪い人には描かれていない。東急不動産だまし売り裁判を出発点とした私にとって東急リバブル東急不動産のような社会悪を潰すことが問題意識の中心である。貧困問題においても吉野敏和のゼロゼロ物件業者のような貧困者を搾取する社会悪である貧困ビジネス批判に注力した。実際に吉野敏和のグリーンウッドは消費者の批判で廃業した。そのような悪が見えにくい問題に深刻さを覚えた。