林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

新宿署痴漢冤罪裁判記事に林田力コメント

新宿署痴漢冤罪裁判の東京地方裁判所判決についての記事に林田力のコメントが掲載された。ジャーナリストの上田記者の記事である。この裁判は国賠訴訟である。警察の厚顔無恥っぷりは、盗人猛々しいという形容がピッタリである。

判決が市民感覚とずれていると批判されることがある。そこには事実認定の問題があると考える。裁判では何が事実であるか当事者の言い分が食い違うことが通常である。裁判員裁判でなければ事実認定は裁判官が行う。双方の主張、証拠から裁判官がもっともらしそうなものを判断することになるが、行政や企業の主張を優先する傾向が散見される。専門家の言に重きを置く傾向である。