林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

口頭弁論

医師の意見書を出した。脳梗塞などを専門としている。医師の立場からの意見書を出した。立正校正会病院の管理の甘さを問題視している。栄養剤だから良いとはならない。量を間違えたら問題である。医師として危険である。素人がいじってはならない。次回は証人尋問。時間は持ち時間制。

主張整理案。9月2日の時点までは少なくとも意識がはっきりしていた。原則として患者本人に意思確認すべきであった。それができないならば家族に意思確認すべきであった。時間で区切る意図はない。

医師の意見書は素晴らしい。被告長男から病院への尋問はないのではないか。被告長男の陳述書に書いてあって医師の陳述書に書いていないことがある。