林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

運営

現状認識と評価があります。

まず現状認識として規約通りに運営されていないという点があります。この場合に現状が望ましいのか、規約が望ましいのかという評価の問題が生じます。どのような規約であろうと規約通りに運営することには手続的な価値がありますが、規約の定める運営方法が望ましいものか内容面の評価をする必要があります。

現状は意思決定ができていない訳ではなく、むしろ市民カフェなどで定期的に会合しており、勉強会や読書会開催など機動的で意思決定し行動できています。