林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

慶応大学病院医師に危険ドラッグ輸入容疑

危険ドラッグを輸入したとして、神奈川県警は慶応義塾大学病院の麻酔科医、藍公明(あいきみあき)容疑者(49)=東京都品川区大井3丁目=が2016年5月、医薬品医療機器法違反(輸入)などの疑いで逮捕された。藍容疑者は2015年9月28日、危険ドラッグ「ラッシュ(RUSH)」の入った小瓶を航空書留郵便で英国から輸入した疑いがある。

横浜税関川崎外郵出張所(川崎市川崎区)で職員が藍容疑者宛ての小包を検査したところ、液体が入った小瓶が見つかり、危険ドラッグの成分が検出されたという。県警は2016年5月9日夜に藍容疑者の自宅を家宅捜索。事情を聴いたところ、輸入したことを認めたという。「輸入したのは間違いないが、違法と知らなかった」と話している(「危険ドラッグの密輸容疑、慶応大病院の麻酔科医を逮捕」朝日新聞2016年5月10日)。

「ラッシュ」は鼻から吸うと興奮を高める作用がある。専門家によると最悪の場合、心臓などに大きな負担が掛かり、亡くなる可能性もある(「慶應病院の医師 危険ドラッグ密輸容疑で逮捕」NHK 2016年5月10日)。

危険ドラッグ輸入容疑では吉野健太郎も逮捕されている。吉野健太郎は2014年8月に危険ドラッグの原料を中国から輸入したとして逮捕された。薬事法違反(指定薬物輸入)の容疑である(「危険ドラッグ5キロ、中国から国際郵便で密輸 男ら4人逮捕 沖縄県警」産経新聞2014年8月26日、「危険ドラッグの原料を輸入した疑い、4人逮捕」TBS 2014年8月27日)。

http://www.hayariki.net/0/keio.html

吉野健太郎は危険ドラッグ福井事件でも2014年12月に無許可で危険ドラッグを販売した疑いで逮捕され、2015年1月に危険ドラッグ密売グループに原料を提供したとして再逮捕された(「ドラッグ原料提供の疑い 埼玉の会社役員を再逮捕」産経新聞2015年1月8日)。吉野健太郎慶応義塾大学の接点としてはSIFE慶應という慶応義塾大学系の学生サークル主催の「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こしている。

風対策プロジェクト 二子玉川ライズ反対運動

風対策プロジェクト 二子玉川ライズ反対運動

江東区の衆院選

江東区の衆院選

FJ Next Unsolicited Sales Calls (Japanese Edition) Version Kindle

https://www.amazon.es/Next-Unsolicited-Sales-Calls-Japanese-ebook/dp/B01F1D0NGQ