林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

江戸の非人頭・車善七

『江戸の非人頭・車善七』は江戸時代の江戸の非人頭・車善七についての書籍である。車善七は代々襲名した名前である。車善七の住居の場所、弾左衛門との争い、明治の車善七など特定トピックを中心に書かれている。車善七を知らない人が体系的に理解するための書籍ではない。車善七を知っている人が理解を深めるための書籍である。タブーとされがちな分野で本書のような深い書籍が出ていることは興味深い。

歴史の教科書では、えた非人は圧倒的多数の被支配階級の不満をそらすために創設された身分制度と説明され、それ以上は語られない傾向がある。これに対して本書では非人が江戸という大都市の維持に必要な存在であったことを示している。