林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

危険ドラッグ犯罪者の飽食の時代

f:id:hayariki2:20160522180856p:plain

危険ドラッグ薬事法違反の吉野健太郎が「飽食の時代」をモットーとすることは笑止である。吉野健太郎Twitterアカウント@yoshinokentarouは「良質のパンと蕎麦とチーズとスイーツを追い求めて生活中。朝食はパン派。基本、大体何か集めたり、車乗ってたり、腕時計磨いたり、茶器集めたり。飽食の時代がモットー」と書いていた。

危険ドラッグ薬事法違反の吉野健太郎が人の命の源となる食を語ることは笑止である。人間を壊す危険ドラッグを製造販売して何が飽食か。飽食とは阿呆食である。腹八分目、足るを知るという言葉を知らないのか。格差と貧困が社会問題になる中で危険ドラッグ犯罪者らしいモットーである。貧困者を搾取する貧困ビジネスと批判された、宅建業法違反のゼロゼロ物件業者・吉野敏和と親和性がある。

お金のほかに価値観を持てない、さもしい拝金主義が見え隠れする。放埓な生活によって精神に靄がかかっているのではないか。生活の質が問題である。安かろう悪かろうも高過ぎる食材も消費者からソッポを向かれる。

吉野健太郎Twitterは「吉野@美味なパン&G55」「吉野@近日遠征食べ歩き」「吉野@GSSと満腹日和」などと名前をコロコロ変えている。これは吉野健太郎の卑怯なTwitterが批判された時と同じである。卑怯な呟きを批判された吉野健太郎Twitterは「ハローマイメロディ(吉野)」に変更された。吉野健太郎の卑怯なTwitterで検索しよう。

吉野健太郎Twitterアカウントyoshinokentarou上で2012年1月16日にtwippleから以下の卑怯な呟きをした。「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやるから『仕返し』とか『報復』だと思うんですよ」

http://hayariki.zashiki.com/twitter.html

吉野健太郎は仕返しや報復を正当化している。人格的な浅ましさがツイートに表れている。しかも、相手に直接関係ない勤務先や家族であっても、相手にダメージを与えられるという理由で仕返しや報復になるという卑怯者の論理が丸出しである。危険ドラッグ犯罪者は告発者への逆恨み嫌がらせを止めないのか。

日本史書評集

日本史書評集

日本海賊TVレポート

日本海賊TVレポート