林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動

買ってはいけないガーラ・ヴィスタ練馬。ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動を優待しよう。ガーラ・ヴィスタ水道橋不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・ヴィスタ水道橋。ガーラ・ヴィスタ日本橋浜町不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・ヴィスタ日本橋浜町。ガーラ・ヴィスタ横濱西口不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・ヴィスタ横濱西口。ガーラ・ヴィスタ川崎不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・ヴィスタ川崎。

FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は卑しくて、ケチ臭く、人を疲れさせ、苦労させる。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区木場のガーラ木場新築工事は住環境を破壊する(林田力『FJネクスト境界スレスレ』枕石堂)。

ガーラ・プレシャス東麻布やガーラ木場新築工事は近隣住民から反対されている。衆議院国土交通委員会で2016年5月20日に宮本徹議員(日本共産党)が東京の都市計画道路問題を取り上げた。石井 啓一国土交通大臣は「都市計画事業を進める事業者は住民の理解を得ながら事業を進めていただきたい」と回答した。

FJネクスト迷惑電話は悪質である。丁寧に言えば何を言ってもいいというものではない。ヤクザや借金取りが脅迫をする時に「いついつまでに金一億円をお振り込みください。命が惜しければ間違った判断をなされないことを期待します」と発言することと同じである。消費者には「FJネクストは無責任企業」とのネガティブイメージが付いている。

FJネクスト不買運動は高インパクトと持続性が特徴である。FJネクスト不買運動の動画はインターネット上のWebサイトで視聴できる。消費者はWebでいつでも好きな時に視聴できる。Yahoo!掲示板では以下の指摘がある。

「FJネクストをGoogleやYahooで、画像検索や動画検索すると、林田力さんの画像、不買運動、迷惑電話、環境破壊etcが多数ヒットします」

Googleの動画検索にFJネクストと入力すると、林田力先生による「不買運動」「迷惑電話」「悪質建設工事」等の動画しか出てこないです。さすが林田力先生、強力です。肥田幸春社長も、林田力さんから学ぶべきところ沢山あるんじゃないでしょうか?いくら東証一部に上場して、TVでCMばんばん流したところで、一般の方は必ずネットで検索するわけで」

http://hayariki.x10.mx/vista.html

FJネクストを批判し続けることが重要である。ブラック企業問題の記事にYahoo!ニュースでは「効果薄い? ブラック企業公表」との見出しが付けられた(「ブラック企業「社名」公表、1年で1社「一罰百戒の効果薄い」「労基署の体制整備を」」弁護士ドットコム2016年5月25日)。社名公表が効果が薄いのではなく、なかなか社名公表されないから効果が薄い。宅建業法違反が公表された貧困ビジネスゼロゼロ物件業者・グリーンウッド(吉野敏和)は廃業した。

ミステリー書評 東急不動産だまし売り裁判

ミステリー書評 東急不動産だまし売り裁判

歴史漫画書評 東急不動産だまし売り裁判

歴史漫画書評 東急不動産だまし売り裁判

『グランド・ガーラ白金高輪不買運動』林田力/枕石堂【本が好き!】

http://www.honzuki.jp/book/237310/