林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

危険ドラッグ犯罪者がペット引き取り屋に転業か

危険ドラッグ犯罪者がペット引き取り屋に転業したとの指摘がなされた。ペット引き取り屋は貧困ビジネスや危険ドラッグに続く新たな社会問題である。法の精神を無視し、立法目的をねじ曲げ、法の抜け道を探す点でペット引き取り屋と貧困ビジネス、危険ドラッグ業者は同じである。

売れ残ったペットは悲惨である。ペット引き取り屋に虐待される。売れ残りの犬猫を買い取り劣悪飼育する。ペットは次々と餓死、病死していく。危険ドラッグ犯罪者のペット引き取り屋はペットを危険ドラッグ漬けにしかねない。危険ドラッグ販売もペット引き取り屋も軽蔑されるブラック稼業である。悪いことをしていると悲惨な髪型になってしまう。

以下はTwitter上のペット引き取り屋の批判である。

NHKのペット引き取り屋の実態の特集番組を見て、涙が止まりません。法律を作っても、かわいそうな動物たちがなくならない。殺処分がゼロになっても、こういう末路が増えるのなら意味がない」

「行政はペット引き取り屋に定期的に立ち入りしろ」

「ペット引き取り屋の映像が正視出来ないほどひどい」

「ペット引き取り屋、クソすぎる」

http://hayariki.zashiki.com/pet.html

ペット引き取り屋は反社会的である。ペット引き取り屋は風俗を乱す。悪徳業者は未来を照らす希望の光を吹き消し、暗闇の底に突き落とす。絶望的な悲しみと、やり場のない怒りが激しい勢いで渦巻いている。犬猫殺処分撲滅の次の課題はペット引き取り屋の撲滅である。ペット引き取り屋撲滅運動を優待しよう。ペット引き取り屋を動物愛護法違反で告発しよう。

江東区の話題 東急不動産だまし売り裁判

江東区の話題 東急不動産だまし売り裁判

歴史書評 東急不動産だまし売り裁判

歴史書評 東急不動産だまし売り裁判

Boycott FJ Next and Medical Trial (Japanese Edition) Kindle Edition

https://www.amazon.co.uk/dp/B01FRA07MS