林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

日本海賊TVで東急電鉄おそ急批判

f:id:hayariki2:20160612204436p:plain

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2016年6月10日に「金八アゴラ」を放送し、東急電鉄おそ松さんコラボ批判を取り上げた。他に「舛添都知事泥沼」「民進党保守宣言」「参院選実質スタート」「今週の政局」を取り上げた。「今週の政局」では参議院議員選挙東京選挙区や千葉選挙区の情勢が話し合われた。この日のコメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦川崎市議、林田力。遅れて大津けい氏が参加した。司会は須澤秀人・日本海賊党代表。

東急電鉄は「おそ急」と称しているが、これは東急が遅いと思ってしまう。東急電鉄は、お粗末である。東急電鉄が企画をしていても、電車の混雑で消耗して周囲を見る余裕がない。東急以外の資本で平行線を実現することが解決策である。東急電鉄は多摩川の砂利を運んでいる感覚のままなのではないか。乗客を物のように扱う。東急はエネルギーをかけるところを間違えている。

コラボ企画では、おそ松は東横線、カラ松は目黒線、チョロ松は田園都市線、一松は多摩川線、十四松は世田谷線、トド松は池上線を紹介する。田園都市線は「ビジネスマンには最適の路線」と紹介される。田園都市線の混雑遅延には触れない。都合の悪い事実には触れない東急不動産だまし売り裁判と同じ体質である。

番組では東急不動産の老人ホーム消費者契約法違反訴訟も取り上げた。東急不動産の老人ホームは入居費用の一部を最初から返還しない契約になっており、消費者契約法第10条に違反し、無効と原告は主張する。不利な条項は小さな字で書くというような姑息な手を使う話がある。このようなことをしていると評判が悪くなる。東急不動産は新築分譲マンションだまし売りでも不利益事実不告知で消費者契約法違反となり、売買契約を取り消された(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

贅沢品や不労所得を重課税し、格差解消の財源にする。消費税ではなく、物品税にする。消費税は転嫁の問題があるため、最終販売時にのみ課税する。軽減税率を先行実施する。トリクルダウンの発想が間違っている。重加算税を高くすべきである。さもなければ、露見しても払えばいいと脱税する人がなくならない。

舛添要一東京都知事に新疑惑が生じた。休日に公用車でN響・第9コンサートに出かけたという。東京都職員から見放されている。職員がリークしている。贅沢税を舛添要一税として導入しよう。舛添を晒し者にする。舛添税を流行語大賞にする。

日本のリベラルの多くはソーシャルリベラルであり、左翼である。共産党との共闘で民進党が中道を取りこぼす可能性がある。自民党が穏健化すれば、民進党が取りこぼした中道の有権者から支持を得られるのではないか。

ヨーロッパのキリスト教政党は保守であるが、日本の保守よりも左翼的である。小泉竹中路線は自民党の歴史の中で異質である。無党派層の大半は生活保守を望んでいる。食品安全の問題に取り組んで欲しい。遺伝子組み換え食品の表示を厳格化する。日本は先進国として恥ずかしい状態である。普通の国にする。食品廃棄禁止法を導入する。食品廃棄をなくせば食糧自給率が上がる。

朝日新聞憲法拡充の論稿を掲載した。日本型福祉の限界と指摘する。生存権を進歩拡充する。日本国憲法は健康であれば働けて十分な賃金が得られるという前提に立つが、現実から外れている。日本型福祉は企業や公務員福祉に依存する。おおさか維新も生存権憲法改正案を出した。第三極は生活保護の既得権批判という面はあるが、生存権に問題意識を持っている。大阪府橋下徹知事の時に貧困ビジネス規制を打ち出した。

参議院東京選挙区の安全圏の予定候補中川雅治氏(自民党)、竹谷とし子氏(公明党)、蓮舫氏(民進党)。これまで山添拓氏(共産党)を安全圏と分析していたが、伸び悩んでおり、安全圏から外す。残りの当選枠は山添氏、小川敏夫氏(民進党)、田中康夫氏(おおさか維新の会)か。自民党二人目の候補朝日健太郎氏に決まったが、今からの時期では難しいのではないか。番組では自民党の不戦敗との声も出た。

東京選挙区には田母神票の受け皿がない。田中氏に流れるか。右翼右派は舛添知事に怒っている。舛添知事を推薦し、追及に腰が引けている都議会の自民党にも腹を立てている。それが参議院議員選挙でも自民党に投票しない理由になる。

http://www.hayariki.net/osomatsu.html

参院選千葉選挙区は定数3に自民、民進両党が二人ずつ候補を擁立する。自民党は現職猪口邦子氏と新人元栄太一郎氏を擁立する。民進は現職小西洋之氏と現職水野賢一氏を擁立する。共産党は新人浅野史子氏を擁立する。このままだと現職3人が当選するのではないか。共産予定候補は民進予定候補に及ばない。おおさか維新が魅力的な候補を擁立すれば、水野氏が厳しくなる。

FJネクスト住環境破壊

FJネクスト住環境破壊

ル・サンク 東急不動産だまし売り裁判

ル・サンク 東急不動産だまし売り裁判

Boycott FJ Next and Medical Trial (Japanese Edition) Formato Kindle

https://www.amazon.it/dp/B01FRA07MS