林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

ガーラ・グランディ木場不買運動

f:id:hayariki2:20140524185717j:plain

境界スレスレの悪質マンション(仮称)ガーラ木場新築工事がガーラ・グランディ木場になるならば、ガーラ・グランディ木場不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・グランディ木場。ガーラ・グランディ東陽町は既にある。ガーラ・グランディ東陽町不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・ヴィスタ練馬。ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動を優待しよう。

FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動Amazon Kindle)。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ木場新築工事は境界スレスレに建設する悪質マンションである。ガーラ木場新築工事現場は目をそむけたくなる光景ばかりがあった。投資用ワンルームマンションは、土台触れることがないように願いたい代物である。

ガーラ木場を施工するウラタは、わざわざ近隣に響くような騒音を撒き散らして、住民の怒りを買うような筋金入りの馬鹿である。ガーラ木場新築工事は土曜日の朝から工事を実施し、騒音や振動を撒き散らす。工事現場で週休2日制がほとんど普及していないことが、建設業界が人材確保で苦戦する一因になっている(「官主導「品質確保」の実情〜受発注者が迫られる現場の改革」日経コンストラクション2016年6月13日号)。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設をなかったことにすることはできない。そのままにしておくことは筋違いである。ダメなことはダメである。悪徳不動産業者は劣悪な環境である。不祥事の要因が整っている。悪徳不動産業者特有の排他性、閉鎖性にはうんざりさせられる。悪徳不動産業者の中にいると悪評判の現状を見ることができない。むしろ、都合の悪い事実を覆い隠そうとする隠ぺい体質に染まる危険がある。

http://www.hayariki.net/home/grandi2.html

FJネクストは消費者や住民を軽視している。セミの鳴き声でも度が過ぎれば煩わしい。否、FJネクスト迷惑電話はセミと呼ぶのもおこがましい肉の袋である。存在するものは腐敗した闇だけで、一筋の光さえ届かない。FJネクスト不買運動にはFJネクスト不買運動の信念と矜持があり、自らに従い行動している。FJネクスト不買運動は本物の怒りを刻み込む。

東急不動産だまし売り裁判購入編

東急不動産だまし売り裁判購入編

二子玉川ライズ反対運動5

二子玉川ライズ反対運動5

FJネクスト評判口コミ - はてなキーワード

http://d.hatena.ne.jp/asin/B01GBQW6N0