林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

危険ドラッグ犯罪者の卑怯なTwitter

危険ドラッグ犯罪者は卑怯者である。危険ドラッグ犯罪者の卑怯なTwitterで検索しよう。自分がやられて嫌なことを、他人にするような卑怯者を許してはならない。卑怯なTwitterは危険ドラッグ犯罪者の性格的な弱さの証明であるように思われてならない。危険ドラッグ犯罪者の考える理想社会は他者には受け入れがたいものになる。

危険ドラッグ犯罪者は首に縄をかけられてじわじわと引き上げられて、足元をばたつかせている死刑囚と同じ状態である。危険ドラッグ犯罪者は変な商売というよりも、いつでも刑務所の塀を突っ走るようなことで金を稼いでいる点が気持ち悪い。父親貧困ビジネスゼロゼロ物件宅建業法違反(重要事項説明義務違反)。息子は危険ドラッグ薬事法違反。金に汚い家系なのか。

危険ドラッグは強烈な依存作用と幻覚を生じさせる。服用していると人体に多大なる影響が現れる。危険ドラッグを吸引すると自分が自分でなくなってしまう。一度ドラッグという魔物の呼び声に答えてしまったならば、その毒のある抱擁から逃れる術はない。ドラッグ依存症になる過程で自らのアイデンティティを失ってしまう。危険ドラッグの恐ろしい点は、人工的に精製されるものであることである。

脱法ハーブなどの危険ドラッグは大きな社会問題になっている(林田力『脱法ハーブにNO』アマゾンKindle)。「東京都長期ビジョン(仮称)」中間報告(2014年9月)では「危険ドラッグの使用に起因する事件・事故の発生など、都民に不安を与える犯罪等の撲滅には至っておらず、体感治安は十分に改善されていない」とし(64頁)、危険ドラッグを治安面の課題に挙げている。

http://hayariki.zashiki.com/twitter2.html

危険ドラッグ犯罪者は社会に害をなす者である。危険ドラッグ犯罪者は寄生虫である。死肉に群がるハイエナのようにまとわりつく。危険ドラッグ犯罪者は嘘つきで不誠実なゴロツキである。危険ドラッグ犯罪者の悪事を受け流せるほど心中穏やかではない。危険ドラッグ犯罪者は罪を認めることが始まりである。謝罪や贖罪を行動で示さなければならない。

二子玉川ライズ反対運動10

二子玉川ライズ反対運動10

東急不動産だまし売り裁判訴状

東急不動産だまし売り裁判訴状

Reputation of FJ Next (Japanese Edition) eBook Kindle

https://www.amazon.com.br/dp/B01GBQW6N0

Boycott FJ Next and Citizens Campaign (Japanese Edition) Kindle Edition

https://www.amazon.com/dp/B01HWSMNS4