林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

歴史認識

お返事が遅れました。

連合国側にとって軍刀を日本軍の蛮行の象徴とするメリットはあります。民間人を対象とした爆撃はドイツや日本が始めたことですが、連合国も行っています。軍刀を蛮行の象徴として強調することは、政治的意味合いがある話です。そこに疑問を抱くことは右傾化とは別の話と思います。

歴史認識は変わりうるものです。今や士農工商とは言わなくなりました。真田幸村とも言わなくなりました。戦時中の評価についても様々な見解が出てくるものであり、それらに対しては歴史学の発展として開かれた姿勢を持ちたいと考えています。