林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

林田力『東急FJネクスト不買運動』

林田力『東急FJネクスト不買運動』(枕石堂)は東急グループとFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)不買運動(Boycott FJ Next Co., Ltd.)の問題を取り上げる。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠した新築マンションだまし売り、FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や境界スレスレの悪質マンション建設が問題である。

マンションだまし売りは人間のモラルや尊厳をちゃぶ台返しにする。不動産業界のだまし売り体質は住宅ジャーナリストからも指摘される。「「だましてでも売る」という消費者軽視の体質が染み付いている会社もある」(榊淳司「本当は教えたくないマンション業界の秘密」夕刊フジ2016年8月13日)

悪徳不動産業者が問題物件のだまし売りに成功したならば、他の物件販売で悪徳不動産業者が異なる振る舞いをすることは期待できない。東急FJネクスト不買運動が成功しなければ、この世界が子ども達の未来に覚悟しなければならないものは、だまし売りになる。

東急FJネクスト不買運動は告発者の誹謗中傷ばかりの悪徳不動産業者とは全く異なる世界である。東急FJネクスト不買運動は、内容を咀嚼して書きこむ。悪徳不動産業者の工作員は糞の役にも立たない幼稚な決めつけを臆面もなく書きつける。この差は生活においてあらゆる場面で反映され、寿命の差として出てくる。

http://hayariki.zero-yen.com/tokyu52.html

東急FJネクスト不買運動が果たす役割の一つは他の運動が扱わない課題を取り上げることである。悪徳不動産業者告発の言葉は吐き出さなければならない。東急FJネクスト不買運動は社会的公正を実現するビジョンを持ち続ける。東急FJネクスト不買運動は、悪徳不動産業者によるメディア支配という深刻な問題について、それに対して何ができるかについて考える。東急FJネクスト不買運動は変革を望んでいる。本物の変革を。

東急ストアTwitter炎上

東急ストアTwitter炎上

外環道 二子玉川ライズ反対運動

外環道 二子玉川ライズ反対運動

Boycott Gala Vista Nerima (Japanese Edition) Formato Kindle

https://www.amazon.it/dp/B01GYVZ7RO