林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon

林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力『東急不動産だまし売り裁判』『二子玉川ライズ反対運動』

書評『サンカ生活体験記』

矢切止夫『サンカ生活体験記』(作品社、2003年)は日本の謎の民サンカについての研究書である。著者は子どもの頃にサンカで育てられたという。実体験があるところが、本書のユニークなところである。

サンカは原始的な文化と見られがちであるが、その家族形態は核家族である。年老いた親はコミュニティーで面倒を見るという(198頁)。逆に近代的である。農業に対して憧れを抱く向きもあるが、農業が家父長的な家族主義、集団主義を生んだのではないか。

本書は建設業者などは都市に溶け込んだサンカ出身者で占められ、それが談合の温床になっていると主張する(217頁)。彼らにとって談合は悪いことではなく、仲間内の話に過ぎない。サンカの研究はサンカ社会を肯定的に描くものが多いが、小さなコミュニティーの中で妥当性があるものも、もっと大きな社会では不公正になることもある。

本書はサンカという特殊な集団に限定したものではなく、日本史を語るものになっている。それも歴史教科書に書かれた歴史を正とするならばトンデモに属する内容である。それでも本書には頭ごなしに否定できない面白さがある。

著者の歴史観「矢切史観」は隆慶一郎一夢庵風流記』『影武者徳川家康』の世界観と重なる。『一夢庵風流記』を原作にした漫画『花の慶次』は私の少年時代に大ヒットした。そこで描かれた道々の者の生き方に反骨精神を刺激された人は少なくないだろう。私も間接的に矢切史観にはまっていたことを気付かされた。

ソ連崩壊を目の当たりにして育った私にとってマルクス主義は抵抗の思想として必ずしも魅力的なものではない。少数の支配者に対する、階級的利害を同じくする多数の被支配者という階級闘争がしっくりこないためである。多種多様な人々を被支配者階級とくくることは乱暴であり、被支配者間の利害対立を無視している。それよりは道々の者やサンカのような少数派の抵抗者がしっくりくる。

本書には著者のエッセイ的なところがあるが、現代日本の問題として司法を指摘する。ヤメ検弁護士の横暴(149頁)や書面中心による口頭審理の形骸化(177頁)などである。これらは的を射た指摘である。

http://hayariki.sa-kon.net/

ブラック東京都政にNO

ブラック東京都政にNO

二子玉川ライズ反対運動13

二子玉川ライズ反対運動13

Boycott Tokyo Land Corporation and FJ Next (Japanese Edition) Kindle Edition

https://www.amazon.de/dp/B01JEUUBSC/